ULTRAMAN

今…自慢”したい”気持ちにさせた、あるアニメが始まってルンになる「世帯」はコノ中年ではと思うのでしてねぇ。

「セブン&タロウ=シブいだろ~!?」

オジコレクション…自慢”フィギュア”紹介コーナーでして、どちらも非売品になる「不意ギア」となったヒーローモノ家伝だしさぁ。

「正に、披露モノ家伝!?」

白物家電風…しかし我が家には”新モノ”家電は無いのでして、俗にいう〇れた技術なる「地味モノ」家伝を継承するネタも書きたしておくぞぃ。

…。

さて。

冒頭での…暴走”気味に”なったウルトラマンネタだけど、実はデカい姿しかイメージが無い疎い「苦味に」なった中年でして⤵。

「ULTRMAN!」

一瞬読めませんでした…しかし”馴染みある”ボディカラーが並ぶ脳で~、慌ててローマ字打ちで「マジになる」調査を開始するとさぁ。

「URUTORAMAN!?」

別物になる…オジ老眼気味には”潤うマン”に見えて来たので、笑われない為にも「ウリ問うマン」の姿勢で挑む覚悟は確定したのでして⤴。

「紹介ベムラーって、妖怪ベム等~!?」

オジ知る怪獣ベムラーじゃないらしく⤵。

根本から…魅力&世界観”を知るべき”とする、あのNetflixでは始まってたらしい「損すべき」を救える自分ヒーローになり隊っすよ。

 

 


 

auスマートパスプレミアムの特徴

 

auスマートパスプレミアムはauだけでなくdocomoやSoftbankなどでもご利用できます

見放題作品も多数配信中

最新のJ-POPから名曲まで聴き放題です

人気のファッション誌や週刊誌が読み放題です

ライブチケットの先行予約もできます

毎週月曜日は映画館で1100円で映画が楽しめます

ショッピングやクーポンなど日常で使えるおトクな特典が盛りだくさんです

 

auスマートパスの公式サイトは下記です

↓ ↓

auスマートパスの30日間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

エンタメ

 

初代を知る世代…固定概念”を持ちつつ”で新世界に突入すると、かなりハマれる「お餅つく」祝い事なるアニメかも。

 

善は急げ…全話急げ”とも言いたい”のは、原作コミックの制覇精神だけどオジ世代「友言いたい」環境だとさぁ。

「ウルトラマン!?」

やはり…カタカナ”イメージ”が出てしまうのでして、しかも巨人化した姿が魅力的だと言う「イマジン」が予想されるのでしてねぇ。

「とりあえず…呼んで~!?」

読ませる為に…友”呼んでみる”トォ~、オリジナルに準じた世界観と新たなる「淀んでいる」未来のULTRAMANが合致したと称賛だしさぁ。

「スーツって、素ッツウ⤴」

アリと言われました…勿論”ヒーローモノ”愛好家のおじさんには、IRONMANにも映るけど「非道者」相手にするには重要な装備なのでしてねぇ。

「等身大こそ、トォ~神だぃ!?」

ハマってる中年世代なのさぁ⤴…特に”懐かしい名前”が個々論に染みる、モロボシダンとか泣けて来る「偽化シーンな萌え」話も記にしつつでして。

「この諸星弾も本物なのか!?」

色々想像しつつ…楽しんで”ホント欲しい”とする、中年世代の楽しみ方には「補助欲しい」方への推し方でした⤴。

 

放送地域、放送時間

 

TOKYO MX他
2020年4月12日(日曜日)午後23:00~

 

そして…微妙な知識おじさんよりも”何となくある”世代の方でも、ドハマりするのは「何通りもある」主人公達の苦悩姿もありそうっす。

 
 

正直だけどさぁ。

昭和に生まれたヒーローモノには…。

今みたいに…取り巻く環境”での苦悩”はそれほど重視されず、先ずは目の前の・デ怪獣・を倒すのが「伝統機能」だったのでして。

「あっ去り~!?」

怪獣倒すトォ~…擬態化”した人”に戻りまして、普通の生活して悩みが無さそうな「指定人」のイメージでしたけれども。

「苦悩する機能も!?」

今更だけど…オジ世代には”かなり斬新”でして、今人気なる主人公達に求めるのは「かなり接近」した人物像だからさぁ。

「共感する恐怖完で、購入巻⤴」

読んでると魅力が伝わるのでして…そこに”スパイス”とも言える、聞いた&観た事あるキャラがダダ・ンダーンと出る「支配図」も心奪われるのでして⤴。

「アダドって、あっダダ度!?」

敵なのか…なんて”思考”から始めましたでもOKなる、どんどんハマってる自分に「時効」はないウルトラマンの魅力永遠にもなる話で〆るぞぃ。

 

見比べるべき…ULTRAMAN”とは”を知り尽くしたくなる、キャラ説明でも「秘話」コメントがアツい声優陣っす。

   
 

早田進次郎(木村良平さん)

諸星弾(江口拓也さん)

北斗星司(潘めぐみさん)

早田進(田中秀幸さん)

佐山レナ(諸星すみれさん)

井出光弘(魚健さん)

エド(牛山茂さん)

ジャック(竹内良太さん)

遠藤康介(花輪英司さん)

倉田(関戸博一さん)

アダド(津田健次郎さん)

白石(白石稔さん)

ベムラー(曽根海司さん)

エースキラー(平田広明さん)

ネペンテス星人(新垣樽助さん)

 

今流行りの映像美…だけ”じゃない”と感じたのは、敵も美しく魅せる矛盾が「邪ナイス」の演出かも⤴。

 

悪への見方…飽きない”味方”になりたいのは、いつの世も大事なテーマなので「見つかった」推し敵は多い方が堪能出来るヒーローモノだしさぁ。

「憎らしいけど、人気ら強い!?」

ULTRAMAN…苦しめるのは”最強”の強さと、更に備わったセリフである「最悪」なる美意識ともなるのでして~。

基本…ウルトラマンだと”怪獣”は喋りが無いのがベースなので、どんどん喋り攻めて来るULTRAMANって「恋い純」のスっ敵は出来るのからさぁ。

「ベムラーって、勉村ってる!?」

…田舎もう~勉強⤵、

今…ようやく”妖怪”人間とは別物であるトォ~、気になる推し敵らしきを探ってるトォ~「了解」任務で解明される真実も見えて来たのでして⤴。

「魅過多!?」

原点に返りつつ…当初主人公・進次郎を”攻めた”ベムラーの意図、増々興味湧いてもっと目「覚めた」ファン心理として〆るぞぃ。

 

まとめなのに…そろそる”害虫”シーズン到来なので、発見すると嫌になる似てる「怪獣」の名前を言うぞぃ。

  
 

「イヤだけどぅ~!?」

難て推す…ウルトラマンと言えば”ツインテール”が頭に浮かぶ、そして梅雨が明けると「不意に出~る」のムカデでしてねぇ。

「遂にデール⤵」

そろそる…ムカデ”よけ”の作業にも気が付いた、ULTRAMANに感謝する「余計」な話じゃない田舎の畳・多々見事情で泣く話だゾッと⤵。