ボクシング世界戦 井岡一翔×パリクテ 配信情報

格闘技経験値ゼロな超素人おじさん。

勿論…観るのは好きだけれども。

「ルールも無冠王者」

細かい事…知らずに応援してる事も多々ありますねぇ。

でもね。

「ボクシング!?」

幼い事から…漫画で親しみありますし~。

「はじめの一歩」

ハマり好きな作品として…ナチュラルに知識は入ってますぞぃ。

そしての観たいがさぁ。

「LIFE TIME BOXING FIGHTS.2」

のぉ~。

「国内復帰!井岡一翔世界戦」

どうも…3階級制覇した男が”4階級制覇目指す”リベンジ戦でもありますからねぇ。

是非共に。

夢を叶えるファイター…勝利の雄叫びなる瞬間を見逃すなよっと。

 

この『ボクシング世界戦 井岡一翔×パリクテ』はParaviでライブ配信され、見逃し配信もされています

 

 

TBSテレビ番組はパラビ(公式TBSオンデマンド+テレ東オンデマンド)で無料視聴できます(放送後すぐに再放送動画配信で楽しめます)

 

ネットにはたしかに個人がアップロードした動画がありますがパラビなら無料お試しキャンペーンで見放題だし、

ないものを探すよりパラビに登録した方が早い時あります(自分に合わなければやめても費用は掛かりません)

 

 

そんなパラビの特徴ですが

会員登録月は会費が無料で楽しめます

TBSテレビ・テレビ東京の番組が充実

国内最大級のドラマアーカイブ数

人気ドラマの出演者による座談会などのオリジナルコンテンツが満載

国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信

TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!

ご利用できるデバイスはパソコン、スマホ、タブレットです

 

Paravi公式サイトは下記です【AD】

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

1ヵ月無料お試しキャンペーンのParaviはこちらから

 

Paravi

 

パラビ(TBSオンデマンド+テレ東オンデマンド合同のVOD)の特徴

 

①基本的にリアルタイムで見逃しても、途中から見て、初めから、または初回~みたい!って時に地上波テレビ放送後にすぐに再放送で見れる

②dvdレンタルは半年以上先だけど、話題がホットなうちの楽しめる

③月額費用が1000円以下と安い

④TBS番組。地域によっては見れないテレ東作品が豊富に見れる

⑤テレビ番組だけでなく、最新映画作品も見れる

下記は、パラビ管理画面より引用(記事執筆時の最新情報

国内ドラマ

 

映画

 

バラエティ

 

詳しくは下記のパラビ公式サイトまで

 

Paravi公式サイトは下記です【AD】

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

1ヵ月無料お試しキャンペーンのParaviはこちらから

 

Paravi

 

実は…井岡一翔さんVSドニー・ニエテスさんの試合から予想出来るかもの期待っす。

 

先ず。

今回はさぁ。

「井岡一翔さんVSアストン・パリクテさん」

個人的には応援したい…井岡一翔さんではありますけれど。

おじさん観た…この瞬間な試合予想の投票ですとねぇ。

「僅差」

世界的にも…圧倒的な防御テクニックがあるとされる”井岡一翔さん”が、リーチとパワーで勝るパリクテさんがさぁ。

「TKO!?」

どうもね。

試合中盤辺りから、井岡一翔さんの距離間を潰して”強引な右”が入りそうとも言われてますねぇ。

となると。

「スタミナ=フットワークに注目か!?」

そう言えば…前回。

井岡一翔さんVSドニー・ニエテスさんの試合で感じたのが、井岡さんのダメージ少ない顔より”フットワーク”でしたからねぇ。

「更に軽快で決定打を」

…普通かぁ。

だけどさぁ。

おじさんも昔は…KO=ボクシング”こそ盛り上がる試合展開だと思ってたけどねぇ。

「12ラウンドFULL」

特に…世界戦な試合”3×12分”を手に汗握るチャンスは少なすぎですからねぇ。

「KO=ボクシング定義!?」

必ずしも当てはまらないと知って欲しい…応援する側が中年になるとさぁ。

「テクニック&スタミナ」

破壊力重視してた若き自分とは違う…ボクシングの本質が理解出来てルンな”僕寝具はベッド派”じゃないとしますよっと。

…関係ないのでおじさんは記事反則負け。

 

チャンスあれば…録画同時視聴がオススメな僕SING~♪っす。

 

「観る期待はKO!?」

やはり…TKOとか判定での試合の流れもイイですけれど。

「キレイにヒットするグローブ」

最初のオススメとは違う…本音が出てる”格闘技醍醐味”ではありますねぇ。

そうなるとね。

「不意に缶ビール!?」

つい…テクニックが互いに超世界レベルで”変化ない試合展開”と油断してますと。

「レフリーストップなラッシュ」

多分ないハズ…FULLラウンドまでとさぁ。

つい、開けるビールのプルトップで”自分開きっぱなしのマウスFULL”は可能性は十分ですからねぇ。

でも。

「ハイライトシーンで確認!?」

当然なる…イイとこ逃さない”お気遣い僕シーン”は出ますけれども。

「試合全ての流れで観たい」

まさかのTKOまでの経緯…数秒前じゃない”数分前にキッカケ”があると感じるおじさんっすからねぇ。

「他のスポーツとは違う!?」

是非…数分前に目撃したかもの”プロが実況する試合”の先も研究する録画で、ロックオンなボクシングとして欲しいっすよ。

特にで。

「下半身だけガン見」

試合中…どうしても”上半身だけ”に目が行きますなんでねぇ。

後に確認する、世界レベルのフットワークの変化が少ないのも驚きますよ。

勿論…戦略としてね。

「スタイル変化」

素人には理解しにくい…攻めと防御をスイッチする技が”ズルいの間違い”とも分かるかもですよ。

そして~。

「クリンチも!?」

頻繁には見たくない素人ですけれど…瞬時なる相手への攻撃技にもなる、駆け引きな意味もデカイですからねぇ。

「相手に打たせないテク」

世界レベルのクリンチ…この試合で、隙あらば観たいおじさんでしたっと。

 

最後に…たこ八郎さんのボクシングを知らんかった話っす。

 

「〇八郎さん!?」

この方も…伝説だけど。

どうも…幼少時代に観てた”タコ八郎さん”は元気が出るテレビで芸人さんと勘違いしてたしさぁ。

「矢吹ジョーのモデル」

自身の左目ハンディキャップ悟られぬ為に…ノーガード戦法で戦う雄姿がモデルなのは今は有名ですけれど。

「タコ~です!?」

あの時…知らんかった”真のボクサー”との出会いが、伝説バラエティー番組であったのが残念かもだけどさぁ。

「輝ける僕さ~」

幼少時代なおじさんには…間違いなくヒーローだったと思い出すボクシングの話でしたっと。

…追伸。

当時…ホントにモノマネする人も多かったなぁ。