美女と野獣 動画配信

言わずと知れた世界の名作、美女と野獣。

どんな話なのかは知ってる人の方が圧倒的に多いですよね。

ディズニーのアニメーション映画の美女と野獣もいまだにファンの多い作品。

ディズニープリンセスのベルも女の子だけでなく大人にまで人気があり、今なお新たなグッズも出ていますよね。

もちろん映画もその話です。

ディズニーの美女と野獣をほとんどそのままの映画にしたストーリーになってるんですね。

知ってる話なのに、どうなるかわかっているのに心を捕まれる映画、すごい事ですよね。

 

この記事では映画の放送日時やあらすじ、見どころ、キャストなどの情報などをご紹介しています

『美女と野獣』の映画はU-NEXTで配信されます

 

U-NEXTの特徴ですが、

①放送後のドラマ作品が、テレビ放送後にすぐに見れるレンタルショップでdvdレンタルが始まる前に見ることができます)

 

②入会するだけで、31日間の無料お試しキャンペーンしている(入会日から31日間です)月をまたいでもOKです

 

③入会するだけで600ポイントもらえます(コミック原作や最新映画、映画館割り引きなどに使えます)

 

*31日後も毎月1200ポイントがもらえます

他局や映画、雑誌コミックなど多彩にあるため、お得感がります(雑誌は70冊以上読み放題です)

 

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの一カ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

最新ドラマ・アニメ・映画・雑誌などが見れるVODサービスU-NEXT

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも600ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上以上配信しています!
※見放題作品90,000本、レンタル作50,000本(2019年1月末時点)

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能ですが、
ペアレンタルロック機能を使用して、非表示にすることも可能です。

雑誌も70冊以上読み放題で、電子書籍も充実しております

映画やドラマ、アニメの原作なども合わせて楽しめます。

 

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの一カ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

U-NEXTお勧め作品

 

邦画

 

洋画

 

国内ドラマ

 

韓流

 

バラエティー

 

>

 

全てにおいてこだわりを感じる

 

世界観が本当に細部までとにかくしっかり作り込まれているんですよね。

おとぎ話がもう本当にそこに、目の前に広がってるという感じ。

世界観に、夢見心地になってしまった人は多いですよね。

こんなシーンをどうやって撮影したのか、とかこれはCGなのかとか、映像の細かいところや動きやセット、隅々までみてしまいます。

何度観ても感動できて、何度観ても発見があるような、そんな映画だと思えます。

頭に残る曲、映像。家財道具に変えられてしまった使用人達も生き生きとしているんですよね。

言わずと知れたストーリーだけど、ベルと王子が仲良くなっていくとか、相手のためを思っての姿、王子が本当の愛を知って元に戻れる、とかもうひとつひとつ感動できました。

心が洗われるような気分になれますよね。

 

放送地域、放送時間

 

日本テレビ
2019年6月7日(金曜日)午後21:00~

 

番組内容

 

ある城に若く美しく傲慢な王子が住んでいた。嵐の夜、城を訪れた老婆を王子は冷たく追い返そうしたところ、老婆は魔女になり王子を醜い野獣に変えてしまう!長い時が過ぎ…城に近い田舎町にベルという美しい女性が父と二人で暮らしていた。ある日ベルの父は迷い込んだ城で野獣に捕われてしまう。父を探しに城にやってきたベルは身代わりとして城へ残ることに。孤独な野獣と優しいベルの二人はいつしか心を通わせるようになり…

 

キャスト

 

<ベル>エマ・ワトソン(昆夏美)、<野獣>ダン・スティーヴンス(山崎育三郎)、<ガストン>ルーク・エヴァンス(吉原光夫)、<ル・フウ>ジョシュ・ギャッド(藤井隆)、<モーリス>ケヴィン・クライン(村井國夫)、<アガット/魔女>ハティ・モラハン(戸田恵子)、<ルミエール>ユアン・マクレガー(成河)、<コグスワース>イアン・マッケラン(小倉久寛)、<ポット夫人>エマ・トンプソン(岩崎宏美)

 

素敵な二人

 

エマ・ワトソンが終始美しくてうっとり、見惚れてしまいます。

何を着ても似合いますよね。

ハリー・ポッターで世界的有名な超人気子役になったわけですが、その頃ももなすごく可愛いくて、そしてすでに美しさのある女の子でしたよね。

今はすっかり美しく、プリンセスが似合う女性に成長しているんですよね。

ダン・スティーヴンスも、不器用な優しさの素敵な王子様で、二人が役を越えてお似合いのカップルに見えてきてしまいました。

しかしダンは、この野獣役でCGのために特別なスーツを着ながら踊ったりもしていたんですね。

撮影の映像なんかをみると、とにかくプロ魂を感じてしまいます。

ダンスや歌もものすごく練習を積んだそうで、そういった苦労がみる人に夢を与えてくれるんだなとも思いました。

日本語吹き替えも楽しかったです!

子供とみる時は字幕ではなく吹き替えにするのですが、この映画の吹き替えは結構しっくり来てるし、素直に楽しいと思えました。

ちなみに子供は怖がるかな?と思ったけど、泣いたし感動もして、この映画好き、といってました。

 

真実の愛の物語

 

変り者で浮いていた美しいベルが、魔女に野獣の姿に変えられた王子と出会い、二人が愛を知って最後には人間の姿に戻れるという話。

アニメ映画の美女と野獣より時間も長くなっていて、内容は少し加えられていたりしてる分ストーリーがより丁寧になってるとも言えますね。

ミュージカル映画を普段観ないという人でもこの映画は観たという人は多そう。

楽しく、明るい気持ちになれますよね。ガストンが迫ってくる所なんかは怖いですが。

観た後は余韻にひたりたくなりますし、少し時間がたつと歌いだしたくもなってしまう、ある意味みる時を選びたくなる作品かも。