キングコング・ 髑髏島の巨神 動画配信

つい先日。

「最強な大怪獣とは!?」

専門家な見解と…映画ファンが噂する存在にさ。

「ゴジラVSキングコング」

とあるTV内容観てたおじさん…つい応援するのはさ。

「キングコング!?」

…近い存在。

ではない。

「心を感じてしまう存在」

昔観たかも…ビルの上で吠えるシーンとかさ。

「ゲームでも♪」

ドンキーなるキャラ…日本人には愛され過ぎでありますからねぇ。

「真意とは!?」

どうも…表面的にしか理解してない気がする、ゴリおじさんにチャンス到来したのがね。

「キングコング・髑髏島の巨神」

果てしない自然と人間の思惑に翻弄されるキングコングを応援しましょうぞぃ。

 

この記事ではキングコング・ 髑髏島の巨神の放送日時やあらすじ、見どころ、キャストやおすすめの動画配信サービスの情報などをご紹介しています

 

キングコング・ 髑髏島の巨神はU-NEXTで動画配信されています

 

 

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの一カ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

放映中最新ドラマ・映画・雑誌などが見れるVOD

 

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも600ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

電子書籍も無料で読めてお得です

 

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの一カ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

U-NEXTお勧め作品

 

邦画

 

 

洋画

 

国内ドラマ

 

韓流

 

放送地域、放送時間

 

日本テレビ
2019年5月23日(金曜日)午後21:00~

 

番組内容

 
 

巨大生命体が棲息するという謎の島“髑髏島”の調査が計画される。調査隊が出動することが決まり、アメリカ陸軍部隊と元イギリス陸軍大尉のジェームズと戦場カメラマンのメイソンが加わり一行は髑髏島に向かうことになる。無事島に上陸するも辺りは骸骨が散乱しており、さらに岩壁には巨大な手の形をした血の跡が…。そこで未知の生物たちと次々に遭遇、そして彼らの前に、神なる存在であるキングコングが出現する…!

 

実は…最強なる神より怖い”人類の思惑”を伝える俳優陣です。

 

ジェームズ・コンラッド(トム・ヒドルストンさん)

メイソン・ウィーバー(ブリ―・ラーソンさん)

ウィリアム・”ビル”・ランダ(ジョン・グッドマンさん)

プレストン・パッカー大佐(サミュエル・L・ジャクソンさん)

ハンク・マーロウ中尉(ジョン・C・ライリーさん)

ヒューストン・ブルックス(コーリー・ホーキンズさん)

サン・リン(ジン・テイエンさん)

ヴィクター・ニエビス(ジョン・オーティスさん)

スティーブン・ギヴソン(マーク・エヴァン・ジャクソンさん)

ジャック・チャップマン少佐(トビー・ケベルさん)

アール・コール大尉(シェー・ウィガムさん)

グレン・ミルズ兵曹長(ジェイソン・ミッチェルさん)

レグ・スリフコ兵曹長(トーマス・マンさん)

ジョー・レスル特技上等兵(ユージンコルデロさん)

アル・ウィリアムス上院議員(リチャード・ジェンキンスさん)

グンペイ・イカリ(MIYAVIさん)

 

髑髏の読み方…ドクロで正解しないと”お仕置きだべ~”で軽く紹介っす。

 

「タイムでぽかん⤵」

息止める…いや唖然な世界観を魅せつけるコングオジサンですねぇ。

でも…いきなり読めん漢字が目の前に現れるとさぁ。

「呆然⤵」

コングオジサンだけと思いつつ…唖然タイトルで攻めてますぞぃ。

さて。

話は本腰しれて”髑髏島”なる説明しますとさ。

「人類未開拓島⤴」

今回…人工衛星で発見された未開の島となってますねぇ。

更にはで。

「未知の地球外生命体!?」

主なる巨大猿…キングコング以外にトンデモナイヤツが登場するみたいですぞぃ。

でもね。

「矛盾な自然美も満喫⤴」

島の名前の由来…ドクロなる意図”白骨化した生き物”とのギャップも見応えアリと言えそうですからねぇ。

「自然とは!?」

改めて学ぶ…知らない自然との共存を視野に入れた観方もおススメっすよ。

そこに加えてね。

「自分なら生きれるのか⤵」

自称・アウトドアマンな方ってさ。

「ある訳ない!?」

決めつけずに…ヒントなサバイバル技術も学んで欲しいかもっすよ。

因みに。

「速退散⤵」

逃げる前に行かない…安全パイ作戦を実行する”ニセアウトドアマン”の話で〆ますぞぃ。

 

時は…1944年の第二次世界大戦から始まりますよ。

 

戦時中の南大西洋では、アメリカ海軍・ハンク・マーロウ(ジョン・C・ライリーさん)が操縦する戦闘機が墜落。

彼は、ある島へパラシュートで着陸しました。

そこには、空戦中に相打ちとなった日本兵グンペイ(MIYAVIさん)も墜落していたのです。

ふたたび戦いとなってしまう2人でしたが…。

「巨大な手!?」

争う2人を遮り…コングを観た瞬間に争うことをやめたのでした。

それから。

1973年…アメリカがベトナム戦争から撤退宣言をした時代。

敗戦と平和のムードが漂うアメリカでは…地質学者・ビル・ランダ(ジョン・グッドマンさん)が謎の島の調査を開始します。

そして髑髏島へと。

調査には軍の要請も入りつつ。

安全配慮から、特殊部隊経験のある男・ジェームズ・コンラッド(トム・ヒドルストンさん)も参加するのですが…。

「爆弾投下!?」

地質調査とウソを言い…破壊行為を繰り返す中で遂に。

「キングコングが現る!」

こうして…人類が行う無謀な行為によって無益な戦いが始まってしまうのでした。

しかも。

本当の巨大な敵が、直ぐ側に近づく事も気づかないで…。

 

あの漫画…巨大猿なイメージで望んでもアリと感じるオススメなコーナー。

 

「紳士の巨人!?」

少し…ネタバレな巨人となってますけれど。

どうもさ。

あの…巨大猿が”紳士じゃない巨人”とカブルコングオジサンっすよ。

なのでね。

「砲丸投げも!?」

抜群の運動神経で…狙うかもの”デカイ敵”と期待してますぞぃ。

…。

後はね。

「コミニケーション能力⤴」

多分アルハズ。

あらすじでも書いた…エンディングな泣けるかもシーンが”あのETみたい”に出来ますとね。

「友達んコ・ングー!?」

下ネタ入れたい…感動ラストに期待〆としますぞぃ。

 

シリーズ化重圧に勝つ…重厚な作品に仕上げた製作者達っす。

 

監督:ジョーダン・ヴォートさん

脚本:ダン・ギルロイさん マックス・ボレンスタインさん デレク・コノリーさん

原案:ジョン・ゲイティンズさん ダン・ギルロイさん

制作:トーマス・タルさん ジョン・ジャシューさん アレックス・ガルシアさん メアリー・ペアレントさん

制作総指揮:エリック・マクレオドさん エドワード・チェンさん

音楽:ヘンリー・ジャックマンさん 

撮影:ラリー・フォンさん

編集:リチャード・ピアソンさん

 

本作でもキーマン…パッカー大佐を注意して観てるおじさんがさぁ。

 
 

「大佐じゃない中尉!?」

…注意⤵。

ふと、プロフィールを拝見してますとねぇ。

「星の王子 ニューヨークへ行く♪」

我が青春感真っ盛り映画…エディ・マーフィさん主演の役柄でさ。

「マクドォウエル強盗役!?」

記憶の片隅…鮮明に思い出す嬉しき展開となってますぞぃ。

しかもでね。

強盗を退治するの…アーセニオ・オールさんだった気がするのも懐かしい記憶ですし。

「又観たい⤴」

普通な思考かもだけれども。

新作から名作への”バック・トゥ・ザ・フィルム”な楽しみもイイと勧めながらでね。

「キャプテン・マーベルも♪」

出演作…好物ばかりの”サミュエル・L・ジャクソンさん”の凄すぎ話と〆ますぞぃ。

因みに。

日本語吹き替えでの…竹中直人さん声に恋い声かもっす。

 

純粋なる…迫力アクション映画として観るのも大吉っすね。

 

「男子ウケ映画⤴」

単純なおじさん…自然の驚異とか破壊シーンは厳しいかもだけれども。

「架空な戦い!?」

…。

…。

そう切り替えると…今の作品技術の進化っぷり楽しめますしねぇ。

「無茶苦茶でも勝てないのか⤵」

相当なる人間装備…敵わない事もリアル感に引き込まれそうと断言しますぞぃ。

そしてENDでは。

「良かった!?」

架空な話でも…ほっとする自分が居ればさぁ。

「単純粋⤴」

語るよりも…擬音多しの”おぉー”が増えてもOKとしてさ。

キングコングを大期待して、ハナキン待ちとしょうぞぃ。

もう。

…ハナキンは言わんかも⤵。