カメラを止めるな 動画配信

突然だけど…カメラのキーワードをさ。

GOなインターネット検索すると。

「カメラを止めるな!」

しかも。

ひらがな対応でも…一発ヒットな、話題映画となってますねぇ。

「恐るべしゾンビ効果!?」

多分、映画の内容を全く知らない人ですと。

ホラーベースに…コワ感動が盛り込まれたと思うんだけどね。

「どうも違う」

やはり…一発ヒットなキーワードからの”止まらんヒット”には秘密がありますから。

「生身で存じる、ゾンビ映画!?」

書いてみますゾンビィ~。

…おじさんライター、人生のソンボウ懸けて!?。

スピンオフもできております

 

この記事ではドラマの放送日時やあらすじ、見どころ、キャストなどの情報などをご紹介しています

『カメラを止めるな』の動画はauビデオパスとU-NEXTで配信されます

 

 

auビデオパスは、一カ月間の無料お試しキャンペーンしています

ビデオパスはキャリアフリーで、au以外のスマホにも対応しています

 

auビデオパス公式サイトは、下記です【AD】

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

ビデオパス

 


 

U-NEXTは31日間無料お試しキャンペーンをしています

入会ポイントが1000ポイントもらえ、このポイントで新作やコミックなども楽しめます

 

U-NEXT公式サイトは下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

31日間無料トライアル!
U-NEXT

 

 

最新ドラマ・アニメ・映画・雑誌などが見れるVOD

auビデオパス

 

auビデオパスは、一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため最新話も無料です

特にお子様向けの作品が多彩です

テレビ朝日に強く放送後再放送ですぐに見れます

 

auビデオパスお得な会員特典

 

さらにビデオパス会員にはお得な特典がついてきます

auビデオパスは月曜日にいいことある!

 

毎週月曜日は映画館の鑑賞料金が割引になります

 

同伴者1名の方にも適応されるんですよ

ポップコーンセットが半額!

 

おいしいポッポコーンを食べながら、映画を楽しんでくださいね
auビデオパスには30日間無料お試しがあります

 

この機会にぜひauビデオパスを体験してみてくださいね

auビデオパス公式サイトは、下記です【AD】

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

ビデオパス

 

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも1000ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXT公式サイトは下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

31日間無料トライアル!
U-NEXT

 

 

生観て演技でカメラに向かい…今、止まらない人気俳優陣です。

 

日暮孝之(濱津隆之さん)

日暮真央(真魚さん)

日暮晴美(しゅはまはるみさん)

松本漣花(秋山ゆずきさん)

神谷和明(長屋和彰さん)

細田学(細井学さん)

山之内洋(市原洋さん)

山越俊助(山崎俊太郎さん)

古沢真一郎(大沢真一郎さん)

笹原芳子(竹原芳子さん)

吉野美紀(吉田美紀さん)

栗原綾奈(合田純奈さん)

松浦早希(浅森咲希奈さん)

谷口智和(山口友和さん)

藤丸拓哉(藤村拓矢さん)

黒岡大吾(イワゴウサトシさん)

相田舞(高橋恭子さん)

温水栞(生見司織さん)

鶴西AD(つるにしこうきさん)

久馬AD(久場寿幸さん)

白丘AD(白岡優さん)

テレビ局員(曽我真臣さん・他)

Vシネマ監督(眼鏡太郎さん)

Vシネマ子役(ギラルド沙羅さん)

子役の母(佐渡未来さん)

Vシネマスタッフ(萩原収さん・他)

護身術インストラクター(森了蔵さん)

護身術アシスタント(林奏絵さん)

インタビュアー(小山修平さん)

再現Vナレーション(滝川かずますさん)

 

話題性が消えないのは…ファンが語らない”タッグ力”にもアリっス。

 

もう…日本国内で上映されたのは”2018年6月”となる「カメ止め」ですねぇ。

しかも。

「話題性はマスコミでも⤴」

低予算で創りながら…オモロスゴイ評価とさ。

「チョイマイナス報道!?」

お昼の番組で…どんだけ~な論議もありましたけれど。

…。

結果としては、成功への架け橋な要素だったと感じてますよ。

やはりね。

出る杭は打たれる世界!?で…ココまでロングヒットな理由があると調べるとさ。

大きな意図を発見しましたゾンビ。

…。

それがね。

「観たファン語らん団結力⤴」

久しぶり…いや”ご時世的には無い”珍しき風潮でありますねぇ。

例えば。

「伊集院さん⤴」

始めて観た”カメ止め”に…衝撃を受けつつ、いやでも語りたいが先攻する意識の中でね。

「我慢する⤵」

あれ程な語りのプロが…家族にも言えず”とにかく観て”しか言えない期間を、とあるラジオでも語りまして。

「待つ語り⤴」

やっと視聴した家族に…良さを投げかけるのを想像しただけでもさぁ。

「手応えあり!」

もう…共感出来る相手がいるだけで、気分がHIGHになりまして。

次なる”数々連鎖~”を期待してしまいそうですから。

「語らん仲間って!?」

是非…不思議な魅力である”観て共感”に触れる為にもさ。

「カズカズレンサ―へと⤴」

導かれて観ましょうゾィ。

…ゾンビは封印⤵。

 

このあらすじ…決して真剣に観ないで下さい。

 

…。

ある廃墟な自主映画の撮影現場では、ゾンビを題材にした作品を制作していました。

しかし。

リアリティーを追記する監督・日暮(濱津隆之さん)は、OKシーンを出さずに42テイクを出し役者は疲労困憊ぎみ。

そんな疲れが見えた現場で…突如本物のゾンビが彼らに襲い掛かります。

「カメラは止めない⤴」

逃げようとする役者さんを無視し、大喜びで撮影は続けるものの。

「次々とゾンビ化!?」

こうして…ノンストップな37分ワンシーンが始まる恐怖なサバイバルとなってしまうのですが。

果たしての結末には”あらすじに込めた意図”も…。

あるのでした。

 

ふと…小ネタ探しすると”キャストネタ”がポロポロ出るんで、つい書くのを止めるなぁ⤵。

 

先ず。

「主演の濱津隆之さん探し⤴」

すると…スーツなドラマでネタポロリとなりまして。

「書くのが止まるなぁ⤵」

流石に…これだけヒットしてますと。

各分野での分析は、手詰まりを感じてしまいますよ。

でも…待てよと。

「重要な役どころな真魚さん⤴」

検索…サクサク感で行くと”ドロ刑ネタ”で閉店ガラガラな店じまいのネタとなりまして。

「無くて泣く⤵」

もう…書くのが止めるなぁ。

諦め気味でしたけれど…よく考えればさ。

前フリでも書いてる…語らんファンこそが”最大値な魅力”だと再確信してしまいましたぞ。

だってね。

「オープニングなインパクトのみ!?」

全体の流れを…あの怖きイメージで望むケースは多々ですし。

あらすじを書いてるおじさん自身もね。

「仮面で書いてる⤴」

…相当。

共感、後ほど得たい側になってますからねぇ。

となりますと。

次期作品…スピンオフを見る前にも踏まえますと。

「先ず観る~⤴」

是非…低予算と呼ばれる現実な映像とさ。

「非現実的世界コラボ!?」

あらゆる仕掛けがありそうで…その仕掛けがオモローかものさぁ。

「カメラを止めるな⤴」

体感すべきが、絶対条件のオススメとして〆ますよっと。

…話たいけど。

無理っす⤴。

 

正に…新・エンターテイメント好き過ぎな製作者勢ぞろいですよ。

 

監督・脚本・編集:上田慎一郎さん 映画好きがトークで出過ぎて”ファンが心配するネタバラシ”も好印象な監督さんです。

撮影・空撮:曽我剛さん

撮影助手:高橋基史さん

録音:古茂田耕吉さん

助監督・特殊メイク:下畑和秀さん

特殊撮影助手:中村夏純さん

ヘアメイク:平林純子さん

ヘアメイク助手:山口夕香さん・大貫茉央さん・小野さらささん

タイトルデザイン:ふくだみゆきさん ご存知な監督奥さんであり、アニメ作品も手掛ける優秀な方です。

制作:吉田幸之助さん

音楽:永井カイルさん

主題歌:鈴木伸宏さん&伊藤翔麿さん

エンディングテーマ:山本真由美さん

車輌:関晃さん・香月竜也さん

スチール:浅沼直也さん・池田泰造さん

原案:劇団PEACE「GHOST IN BOX!」

企画開発協力:荒木駿さん・大坪勇太さん

脚本指導:榎本憲男さん

整音:南裕貴弥さん

VFX:神林裕介さん

アソシエイトプロデューサー:児玉健太郎さん・牟田浩二さん

プロデューサー:市橋浩治さん

 

カメ止めで…再認識して映画の魅力”リスペクト&オマージュ”なワタ〆っす。

 

やはり…面白い作品を創り出す人って。

色んな作品をいち早く、更には誰よりも桁外れで多く触れてると再認識しましたねぇ。

そのキッカケにもなった…カメ止めと断言してもイイおじさんにはさぁ。

「似てるかもシーン⤴」

今までには…何回、いいえの何十回以上も遭遇してるし。

大好きな監督作品を調べてるとね。

「リスペクト&オマージュ!?」

堂々と語る、有名な監督さんも多いのは確かみたいですねぇ。

ならさ。

そこから…更なる感動が導かれるなら映画なファンには嬉しい導線とも言えるんですから。

「尊敬こそ未来へと⤴」

騒動があったかもの「カメ止め」に学んだ…原点な常識と再認識した嬉しい誤算としてね。

今後も期待する…映画創りの魂として感じてるおじさんでしたっと。