女川 いのちの坂道 番組情報

日本に衝撃を与えた東日本大震災。それは未だに沢山の人の生活を変えたまま。避難を余儀なくされた人に、差別という最悪の事態まで問題にもなっていますよね。

私は避難所で過ごした夜の事をきっと一生忘れる事はないと思いました。

今も、風景だけでなく自分含めその時のそこにいた人達の不安な空気も泣く子供の声や、何度も繋がらない電話をかけつづける声や大きな余震の度に怯える表情など、頭から消えません。

水も電気もガスも通っていて、自分が今普通に生活している事がどれだけありがたい事かその度に痛感します。

被害がもっと大きい場所に住んでいた人はこんな位では住まない程苦しい目に遭って、まだ苦しみを余儀なくされていたりするなんて。

この主人公は偏見を持たれるのが嫌で、まわりにも、彼氏にも自分が被災者だということをいってないという女の子。

故郷と向き合ってみて今、何を感じるのでしょうか。

 

NHKテレビ番組はU-NEXT(公式nhkオンデマンド)で無料視聴できます(放送後すぐに再放送動画配信で楽しめます)

 

ネットにはたしかに個人がアップロードした動画がありますがU-NEXTなら無料お試しキャンペーンで見放題だし、

ないものを探すよりU-NEXTに登録した方が早い時あります(自分に合わなければやめても費用は掛かりません)

 

U-NEXT公式サイトは下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

31日間無料トライアル!
U-NEXT

 

 

放映中最新ドラマ・映画・雑誌などが見れるVOD

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも1000ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXT公式サイトは下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

31日間無料トライアル!
U-NEXT

 

 

U-NEXTお勧め作品

 

邦画

 

洋画

 

国内ドラマ

 

韓流

 

バラエティー

 

咲の決意

 

ロードムービー風に撮影された、という手法もより空気感やが印象に残りそうな気がしました。

なんとなく、登場人物をリアルに、身近に感じられるんじゃないかという気もします。

そして4K、ドローンでの撮影という事でその映像にも注目ですよね。

大きな被害をうけた宮城県女川市の今がどうなっているのか。

ドローンで上から撮影されることで、そこに行けなくてもそこに行くよりも広くよく見渡せる映像になっているのだと思います。

 

放送地域、放送時間

 

BSプレミアム
2019年3月9日(土曜日)午後22:00~

 

番組内容

 

咲(サク)は、『いのちの石碑』活動の中心メンバーだったが、地元の高校を卒業と同時に、ダンサーになる夢をかなえるため、上京して1年半になる。映像作家を目指す彼(翔太)も出来て、新しい一歩を踏み出したつもりだったが、偏見の目で見られることを恐れ、自分が被災者であること、母親がいまだに行方不明であること……を翔太にも打ち明けられず、生きづらさを感じていた。
咲は、もう一度故郷と向き合ってみようと、ドローンカメラを携えた翔太とともに女川への旅を決意する──。「この道を登って避難した」「この体育館で、眠れない夜を過ごした」……。
再び“あの日”をたどることで、咲は自分自身の原点と向き合うことになる。そして、町の人々とともに石碑まで登る避難訓練の中、『いのちのつながり』を確信していく。

 

キャスト

 

平祐奈,平埜生成,岡本夏美,皆川猿時,田根楽子

 

主人公と映像作家志望の彼氏

 

主人公の咲を演じるのは平祐菜さん。言わずと知れた平愛梨さんの妹さん。

平愛梨さんがサッカーの長友選手と結婚されて大きな話題になりましたが、姉が平愛梨さん、義理の兄が長友選手ってスゴいですよね。

ハッキリとした顔立ちで、大きな瞳が印象的な平祐菜さん。

平祐菜さんも沢山の作品に出演されますが、やはり目立ちますよね。

咲の彼氏の翔太役には平楚成生さん。

人気ミュージカルでも沢山ファンのいる印象がありますよね。

大河ドラマに出ていたときに、良い役で、若いのに芯がありそうな姿が良かったです。

今回、良い役な気がします。真面目とか、真っ直ぐな役がきっと合うのではないかと思いますが、翔太というのはどんなキャラクターなのでしょうね。

 

大人になった被災者

 

もうすぐ、あの震災から8年が経つんですよね。

当時臨月だった私、子供の歳で震災から何年というのを誕生日の度に言われます。

当時子供だった子には、もう成人を迎える人も出てきている。

大きな体験を経て、命というものを多くの人が考えたと思います。

実際の女川1000年後の命を守る会の活動をもとにして作られたフィクションという所にも強く興味をひかれました。

震災の時に子供だった咲(平祐菜)が20歳になり、離れていた故郷へ。

女川に住んでいて被災された方にとっても思い入れの強いドラマになりそうですね。

そして震災を知らない子供達にも観て欲しいと思いました。