みかづき 動画配信無料視聴

塾は現代では、どこの塾に行くかを検討したりする程どこにでも沢山あるイメージです。

大手から個人経営、そしてその経営方針なども様々。

中学にあがると、受験に向けて学校のほとんどの子が塾に通っていたのを思い出します。

私は塾に行った事はなくて、珍しがられたのを覚えています。

それくらい当たり前に存在している塾。

おしゃべり好きな親戚で、塾を経営している人がいたのでよく話には聞いていました。

色んな子が来て、学校の勉強についていけなくて悩んでいた子や、東大を目指すモチベーションなど、皆色んな思いをもって塾に来るんですよね。

塾という物を盛り上げて、大きく歴史を作った夫婦の物語がドラマ化。

そこには苦労や喜び、苦悩や衝突もあるだろうし、感動できる作品になっていそうです。

予告を観て、これは面白そうだと素直に思えました。

 

この記事ではドラマの放送日時やあらすじ、見どころ、キャストなどの情報などをご紹介しています

NHK作品はU-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスで再放送されます

 

 

U-NEXTは31日間無料お試しキャンペーンをしています

 

U-NEXT公式サイトは下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

31日間無料トライアル!
U-NEXT

 

 

最新ドラマ・アニメ・映画・雑誌などが見れるVOD

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも1000ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXT公式サイトは下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

31日間無料トライアル!
U-NEXT

 

 

夫婦になる二人

 

天才的塾講師の始まりは、学校の用務員さんだったのは意外でした。

放課後に子供に勉強を教える用務員さん吾郎(高橋一生)、優しいし教える事の天才というのがすごいですね。

とはいえ、マイペースな感じもあるので、深く関わっていくには振り回されそうな感じになるのかも。

でもその高橋一生さんが醸し出す空気、雰囲気がとても素敵でした。

そして千秋(永作博美)との出会いが彼の運命を大きく変えていくようですね。

ギラギラしたシングルマザーの千秋という、タイプの違う二人の組み合わせも面白そうですね。

そこからどうやって塾業界を発展させていくのか楽しみです。

 

放送地域、放送時間

 

NHK総合
2019年2月2日(土曜日)午後21:00~

 

番組内容

 

昭和39年。吾郎(高橋一生)と千明(永作博美)が始めた塾の経営は軌道に乗る一方、塾批判も広がり始め、長女・蕗子(鎌田英怜奈)がいじめにあう。そんな中、大手塾の進出に危機感を抱く千明は、生き残りのため個人塾同士の合併による経営拡大を目指していた。合併相手の勝見(勝矢)と意気投合した吾郎だが、塾経営拡大には反対だと千明に告げ、ふたりの考えの違いも明らかになる。そこに蕗子が姿を消すという事件が起きーー。

 

キャスト

 

高橋一生,永作博美,工藤阿須加,大政絢,桜井日奈子,鎌田英怜奈,螢雪次朗,小柳友貴美,田牧そら,田山由起,横内亜弓,黒田こらん,佐野剛,杉山未央,菊井りひと,曽我夏美,黒川芽以,風吹ジュン

 

親族の偉大さでの重圧

 

工藤阿須加さんは、塾業界自体を成功された夫婦の孫である上田一郎役なんですね。

二人の塾の、そして家族の物語を知ることになっていく人物。

祖父母の存在は大きく、それが重圧になっている孫。

そんな一郎は偶然、塾に行けない子供に出会うようなので、この出会いからも彼の気持ちに大きな変化が出てくるでしょうから、そこも見どころになりそうですね。

ドラマが終わる時に、彼がどうなっているかも注目したいですね。

工藤さんも父親がプロ野球選手、監督をつとめた大物であり、この役の気持ちも理解できる部分は多いかもしれませんね。

 

塾という物を考えさせられる

 

森絵都先生原作のドラマ、読んだ事がある知人が、予告をみたら高橋一生さんが吾郎のイメージそのままだったと絶賛していました。

学校教育を太陽、そして塾を太陽の光を十分に吸収できない子供を照らす月という例えにすごく納得できました。

塾という場所だからこそできる勉強があるから皆通うんですもんね。

ましてやこのストーリーは、戦の国民学校の教育に疑問を持つ人の話。

その時代の教育は今では考えられないような物なのだったけど、それに反発して自分で道を切り開いていく情熱が素晴らしいですね。