実写/天/動画配信無料視聴

裏麻雀界の頂点と利権を争い始まった東西戦も残り一局です

天(岸谷五朗)は、原田(的場浩司)に11,100点差をつけられているが、最後まで勝利の可能性を信じ、ひたむきに前へと進み続けます。

 

原田は勝利目前ながらどうしてもあと一牌を引けない。そんな中、天は自分の直感を信じ、リスク承知の鳴きでテンパイを宣言する。逆転するには親満が最低条件。和了牌を看破すれば原田の勝利、親満で和了れば天の勝利。

ついに雌雄決します

  •   天貴史…岸谷五朗  井川ひろゆき…古川雄輝  赤木しげる…吉田栄作

 

『実写版天』ですがテレビ東京、TBSテレビ番組はパラビ(公式TBSオンデマンド+テレ東オンデマンドの合同の再放送サービス)で無料視聴できます(放送後すぐに再放送動画配信で楽しめます)

 

ネットにはたしかに個人がアップロードした動画がありますがパラビなら無料お試しキャンペーンで見放題だし、

ないものを探すよりパラビに登録した方が早い時あります(自分に合わなければやめても費用は掛かりません)

 

 

そんなパラビの特徴ですが

会員登録月は会費が無料で楽しめます

TBSテレビ・テレビ東京の番組が充実

国内最大級のドラマアーカイブ数

人気ドラマの出演者による座談会などのオリジナルコンテンツが満載

国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信

TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!

ご利用できるデバイスはパソコン、スマホ、タブレットです

 

Paravi公式サイトは下記です【AD】

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

1ヵ月無料お試しキャンペーンのParaviはこちらから

 

Paravi

 

パラビ(TBSオンデマンド+テレ東オンデマンド合同のVOD)の特徴

 

①基本的にリアルタイムで見逃しても、途中から見て、初めから、または初回~みたい!って時に地上波テレビ放送後にすぐに再放送で見れる

②dvdレンタルは半年以上先だけど、話題がホットなうちの楽しめる

③月額費用が1000円以下と安い

④TBS番組。地域によっては見れないテレ東作品が豊富に見れる

⑤テレビ番組だけでなく、最新映画作品も見れる

下記は、パラビ管理画面より引用(記事執筆時の最新情報

国内ドラマ

映画

詳しくは下記のパラビ公式サイトまで

 

Paravi公式サイトは下記です【AD】

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

1ヵ月無料お試しキャンペーンのParaviはこちらから

 

Paravi

 

麻雀好きで、天・赤木ファンで無くても…心理戦と雀荘なシーンはTV新戦力っす。

いきなり…個人的な第一印象ですけど。

「男性向きで、赤木ファン多数の天!?」

どうもさ。

原作大ファンからしますと…赤木しげるは伝説の男ですし。

演じてる”吉田栄作さん”こそが仕上がりを注目してて…雰囲気は漂っていますねぇ。

結果としても。

「アカギ再現度はNO,1⤴」

勿論。

色んなご意見は、多数あるとは思うおじさんですけどね。

「白髪でもキマル、俳優・吉田栄作さん⤴」

やはりのさ。

赤木の風貌で…カリスマ性あるセリフをリアル画像で観れるのはドラマだけですからね。

「聴きたい⤴」

ココは…聴目点。

聴き観るポイントとして、押させておいて欲しいですぞぃ。

天…才能を持つ”さがしもの沢村耕作役”でも、さわさわでしたよ。

「ざわざわ⤴」

作品の大イメージでもある…ざわざわな声ですけど。

シリアスムードが漂いそうな”天 天和通りの快男児”ではね。

「BGM風ざわざわ!?」

原作の雰囲気を最大限に活かすには、この手法がベストだとも感じてますよ。

それにしてもね。

岸谷五朗さん…警視庁さがし物係では”相当カワイイ天才”を演じてましたよ。

更にはさ。

「髪型と目がナチュラルさん⤴」

役どころでは…同僚だけど”後輩な松永を演じる橋本淳さん”に対しても低姿勢だったのが自然でしたねぇ。

「役だから当然!?」

と思わせないのがさ。

今回の…振り幅全開な”天貴史”の岸谷五朗さんだと説明出来る流れとなっていますから。

「髪型と目がスリリング⤴」

もしね。

警視庁さがし物係を見逃してしまったなら…天貴史すごみもん正に⤴。

極端で、究極なスゴミで演じる岸谷五朗さんから始めてみましょうぞぃ。

まての…因みにですけど。

「橋本淳さん!?」

またのおじさんミスでさ。

「魔法戦隊マジレンジャー⤴」

書き忘れる情報ネタでしたぞぃ。

…。

「マジセーフ⤴」

やはりの…ゆがみ無き精神力で〆ますよっと。

…。

ゆがみ。

控えめなオチです⤵。

天から運命を感じる”麻雀放浪記”を思い出した中年でしたよ。

思い起こせばさ。

1984年公開映画には…おじさんの青春時代を彩った作品は多かったですぞぃ。

例えばね。

風の谷のナウシカ・未来少年コナン・ダーティハリー4・ポリスアカデミーとか。

ゴーストバスターズ・スパルタンX等々でね。

…。

パン○の穴…。

…。

「数え上げてたら観たくなる⤴」

そんなさ。

アタリ年かも中でもね。

「麻雀放浪記⤴」

人生において、不思議な周期で観てる映画にもなっていますぞぃ。

しかしながら。

一番最初に出会った放浪記は…意図が分からず”テンパイ”な惨敗視聴となりましたけど。

あれから…3度目の出会いでね。

「面白い⤴」

今確信してる…作品のし”あがり”が理解出来てますぞぃ。

とは言え。

天とのツナガリもさ。

点と点で結べないと説明したい…醍醐味は伝わりませんからね。

そこで感じてる…裏麻雀と戦後闇市な放浪麻雀であります。

「時代は違うし白黒なのに分かるツナガリ感⤴」

ちょい「」なセリフが長いですけど…観た人で同世代以上なら気付いてもらえると信じておりますよ。

「結構無茶な人生だけど⤵」

もし、天のドラマを観るならさ。

「イカサマジック!?」

重なるヒントもありそうなんでね。

「ロンよりショック⤴」

気にかけて欲しいおじさんでしたっと。