仮面ライダージオウ 番組情報

先週のオープニング、カッコよかったですね。

映画のような感じで思わず見入ってしまいました。

平成ライダーの集大成、これからの展開が気になりますね。

 

残念ながら執筆現在、仮面ライダージオウの動画配信はありませんが、

人気の仮面ライダーシリーズはU-NEXTで見れます

 

 

U-NEXTの特徴

①放送後のドラマ作品が、テレビ放送後にすぐに見れる(レンタルショップでdvdレンタルが始まる前に見ることができます)

 

①放送後のドラマ作品が、テレビ放送後にすぐに見れるレンタルショップでdvdレンタルが始まる前に見ることができます)

 

②入会するだけで、31日間の無料お試しキャンペーンしている(入会日から31日間です)月をまたいでもOKです

 

③入会するだけで600ポイントもらえます(コミック原作や最新映画、映画館割り引きなどに使えます)

 

*31日後も毎月1200ポイントがもらえます

他局や映画、雑誌コミックなど多彩にあるため、お得感がります(雑誌は70冊以上読み放題です)

 

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの1ヶ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

最新ドラマ・アニメ・映画・雑誌などが見れるVOD

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTでは仮面ライダーの書籍も読めます

 

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも600ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上以上配信しています!
※見放題作品90,000本、レンタル作50,000本(2019年1月末時点)

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能ですが、
ペアレンタルロック機能を使用して、非表示にすることも可能です。

雑誌も70冊以上読み放題で、電子書籍も充実しております

映画やドラマ、アニメの原作なども合わせて楽しめます。

 

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの1ヶ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

U-NEXTお勧め作品

 

邦画

 

洋画

 

国内ドラマ

 

韓流

 

アニメ

 

 

見どころ

 

未来から来たゲイツが、ソウゴを最悪の魔王になる前に倒そうとしてしまうという続き。

気になりますね。

だってゲイツが使ったのがゴーストのウォッチなんですもん。

開眼しちゃったよ、音とか声とか懐かしいしテンション上がる!

ソウゴには悪いけど、ゴーストの力をどんな風に使えるのかにも注目したいですね。

ソウゴを魔王にするまいと動くツクヨミとゲイツ、そして魔王になるように導こうとするウォズ。

そして人間を敵にしてしまう謎の人物ウール。

これからどう展開していくストーリーになっているのか見守るのが楽しみです。

 

あらすじ

 

番組内容

ライダーゲイツゴーストアーマーの攻撃に苦戦するジオウだったが、ツクヨミ(大幡しえり)が割って入りピンチを脱出。

ホッとするソウゴ(奥野壮)の前に今度はウォズ(渡邊圭祐)が現れた。

ソウゴの協力者だというウォズは、王になろうとするソウゴの邪魔をしようとタイムジャッカーという者が新たな王の擁立を企んでいる、と告げる。

ゲイツ(押田岳)、ツクヨミも含めて、皆が歴史を変えようとしているのか。

その中でウォズだけが正しい歴史を守ろうとしている、と言うのだが…。

倒したはずのアナザービルドが再び出現した。

苦戦するライダーゲイツを救うため、ソウゴはジオウに変身。

ライダーゲイツとツクヨミを救う。

しかし、アナザービルドは何度倒しても復活する。

「本物のビルドなら」と思いたったソウゴは、戦兎(犬飼貴丈)と龍我(赤楚衛二)のもとへと向かうのだが…。

 

◇出演者

 

仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ(ときわ・そうご):奥野壮

仮面ライダーゲイツ/明光院ゲイツ(みょうこういん・げいつ):押田岳

ツクヨミ:大幡しえり

ウォズ:渡邊圭祐

ウール:板垣李光人

オーラ:紺野彩夏

スウォルツ:兼崎健太郎

常磐順一郎(ときわ・じゅんいちろう):生瀬勝久

 

yahooより引用

 

始まりは、時計の秒針みたいに…チクタクドキドキ過ぎるジオウですぞぃ。

「カッコイイ⤴」

時間キッチリスタートした…新ライダージオウ。

「当たり前では!?」

そんなツッコミは…ごもっともなんですけどね。

それだけさ。

久しぶりTV前での…待ち時間が長かったジオジサンを意味してるんですぞぃ。

しかも…今までにとは”香りが違う”要素がにじみ出ていますよ。

「香り!?」

これまた。

ダブルツッコミとなりそうだけどさ。

あえて…ニオイ表現を使わないのはね。

役者さん達の、上質さを意味してるんですぞぃ。

「いきなり、ステイタスゴールド演技⤴」

基本は…初々しい感じで1話スタートするイメージなヒーローモノですけどね。

「本気度が伝わる喜び⤴」

どうもね。

アナザーライダーとの共演ってストーリー展開にもね。

平成ライダー集大成以上のプレッシャーを、撥ね退ける内容となりそうですぞぃ。

「キャストにも期待⤴」

もし…。

歴代ライダーが出演するならね。

「ゾクゾクする…続々本人出演!?」

チョー期待してる…ジオジサンですよっと。

王様になる夢って、見れる心に魅かれますねぇ。

「進学どうする⤵」

分かりやすい…テンション下がり気味の常盤順一郎・生瀬勝久さんに対してね。

「王様になるよ⤴」

あっさりと返答した、常盤ソウゴ・奥野壮さんのシーンってさ。

「無責任なおじさん⤵」

思われて”ソウでゴ解”なシーンだけど…。

でもね。

多分だけど、大学受験等に掛かる…金銭的な問題を気にしてるのではないと感じますねぇ。

「夢を叶えてあげたい⤴」

ハッキリ言ってさ。

今の日本で、王様になれる道筋なんてゼロな目標ではあるんですけど。

それでも…大叔父自身が叶える事が出来なかった夢をね。

「否定するのは自分否定⤵」

トンデモナイ夢ではあるんだけど…ソウゴには何かしらのパワーも感じてる気はしますねぇ。

となるとな。

「幼少時代エピソードもヒント⤴」

今は…視聴者と常盤一家には距離感があるから違和感なシーンですけどね。

「時を重ねる事に、納得な一話!?」

おじさんとしてはさ。

ジオウと共に生きる時間が…刻々と進むに連れて答えが出ると信じてますぞぃ。

タイムラグない…ビルドも出演が気が抜けなくてGOODですよ。

「終わったねぇ⤵」

ベストマッチな2人をさ。

TVでは観るチャンスは、消えたと勘違いしてたジオジサンですけど。

「もう出るんかい⤴」

かなり…嬉しい誤算となっていますぞ。

他にもさ。

いきなりの…オーマジオウを魅せつける意図にも注意しておきたいですぞぃ。

「声が違う!?」

どうもさ。

50年後のソウゴが…オーマジオウとは言ってるけれど。

「中身は本物ソウ誤算!?」

…。

こんなね。

中年ギャグ疑問も…見続けるとヒントがあるかもですぞぃ。

因みに…。

ケン・ジュウ等のダイレクトなネーミングってさ。

「ダイレトク⤴」

くれぐれもね。

ダレトクでは無く…ダイレクトに得する呼びやすさもジオジサンにはハナマルハマるですぞぃ。

キャストは…今後、時を刻む事に触れる予定ですよ。

「板垣李光人さん⤴」

ジオジサン…。

完全に…女性だと勘違いしてましたねぇ。

ファンにはさ。

大変失礼な誤解なんで…申し訳ございませんですけど。

それだけね。

中性的な顔立ちの男性をさ。

キャスティングしてる意味は…出演数秒でマジかと納得してしまいましたよ。

アナザーライダーに変化させる前の、独特な妖艶さなんてね。

「彼じゃないと無理⤴」

そう直観させた”板垣李光人さん”のインパクトってさ。

正にね。

期待大な、今後展開と繋がってますよっと。

因みに…ソース顔なジオジサン⤵。

「本郷猛なら!?」

イケそうだけど…オファー無いヒーローですよっと。