最後のランナー 映画 動画配信

当サイトで紹介しておりますFODですが、2018年7月1日よりFODプレミアムの1か月間無料キャンペーンは「Yahoo! JAPAN ID」から「Amazonアカウント」を利用しての登録に変更になりました。その他サービスにに関しましては変更点はありませんのでよろしくお願いします<m(__)m>。

映画『最後のランナー』2018年7月14日から劇場公開されています。

『最後のランナー』の動画配信はまだ公式発表はないのですが
決まり次第追記します

VOD(動画配信サービス)はdvdレンタルと同時に動画配信が始まるケースが多いため

結構便利なサービスです

*2018年7月現在『最後のランナー』の配信は決定していないため
公式サイトで確認よろしくお願いします<m(__)m>

 

放映中最新ドラマ・映画・雑誌などが見れるVOD

 

FODプレミアム

 

放映中最新ドラマのフジテレビ作品だけではなく

毎月もらえる1300ポイントで、最新映画や原作コミックなど見れます。

Amazonアカウントだけになりますが、入会日から31日間無料お試しキャンペーンがあります

(月をまたいでも大丈夫です)

入会だけで上記ポイントがもらえます

 

有料月額費が888円で雑誌やドラマ、バラエティが見放題のため

 

雑誌を月に2冊以上購入する方やdvdなど2冊以上レンタルする方は、元が取れると思います。

 

(1)フジテレビの動画が豊富

 

しかも独占タイトルが5,000本以上! フジテレビの現在放送中のタイトルだけでなく、 『コード・ブルー』『リッチマン、プアウーマン』『昼顔』などの 過去の名作ドラマを中心に5,000本以上の独占タイトルを配信しています!

 

それ以外にもバラエティ、アニメ、 映画など様々なジャンルから、 選りすぐりのラインアップde

あの大人気タイトルがいつでもどこでも楽しめます。

 

(2)動画以外にも雑誌やコミックも楽しめます

 

FRIDAYやFLASHなど100誌以上の人気雑誌が読み放題で15万冊以上のコミックも楽しむ事が出来ます。

地上波放送ドラマのオリジナルエンディングも配信中で

 

FODプレミアムにもいくつもあるります

 

FODプレミアムの公式は下記です【AD】

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

 

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

 



 

FODお勧め作品

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも1000ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXT公式サイトは下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

31日間無料トライアル!
U-NEXT

 

 

U-NEXTお勧め作品

 

 

auビデオパス

 

auビデオパスは、一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため最新話も無料です

特にお子様向けの作品が多彩です

テレビ朝日に強く放送後再放送ですぐに見れます

 

auビデオパス公式は下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

hulu

 

huluは、二週間の無料お試しキャンペーンで有名で基本的に最新話も見放題月額933円です

Huluに掲載のコンテンツは何をどれだけ見ても月額933円(税抜)です。

追加課金や、超過課金は一切なしなのでお得です

お勧め理由

・日本テレビグループの安心企業
・登録金、解約金も不要。解約もWEBで簡単にできる。
・FOXチャンネル、ナショナルジオグラフィックチャンネル、BCCワールドニュース(英語、日本語)、
ジャイアンツLIVEストリーミングなど、オンデマンド配信以外にも、リアルタイムで楽しめるコンテンツも豊富。
・1つのアカウントで6つまでプロフィールを作成でき、家族みんなで楽しめる。

家族の間でもプライバシーが保たれるようにアカウントが分けられます

 

hulu公式サイトは下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

 

 

『最後のランナー』の映画情報

最後のランナーあらすじ・キャスト・見どころなど!

かつて公開された感動の映画『炎のランナー』をご存知の方は少なくないことでしょう。

公開からかなりの歳月が経った今もなお色あせない名作中の名作ですよね。

今回取り上げていく映画『最後のランナー』は、そんな『炎のランナー』の続編という作品ということになります。

まさか、ふたたびあの感動の余韻を味わうことができるとは、なんとも嬉しいことですよね。

いったい、どのようなストーリーが描かれていくことになるというのか、こうご期待です。

それではさっそく、映画『最後のランナー』のあらすじ、キャスト、見どころなどといったことをチェックしていくことにしましょう。

最後のランナー映画のキャスト

エリック・リデル(ジョセフ・ファインズ)

ジ・ニウ(ショーン・ドウ)

フローレンス(エリザベス・アレンズ)

湯本(小林成男)

これらのほか、映画『最後のランナー』には、リチャード・サンダーソンさん、ジェシー・コーブさんなども出演します。

最後のランナー映画の評価

映画『最後のランナー』は、映画『炎のランナー』の続編となります。

映画『炎のランナー』は1981年公開ですから、実に約40年ぶりの続編ということになるわけですね。

あまりにもスパンがあるため、どのような作品となるのかが楽しみで仕方ありませんよね。

さて、映画『炎のランナー』においては、エリック・リデルが、陸上と宗教的な背景とのはざまでゆれていくのが反響を呼びました。

そんなエリック・リデルのその後を描くのが、映画『最後のランナー』なのでした。

おどろくべき決断をしたエリック・リデルのその後とは、はたしてどのような展開になっていくのか、注目すべきストーリーをぜひ堪能していただきたいと思います。

続いては、さっそく映画『最後のランナー』のあらすじを見ていくことにいたしましょう。

最後のランナー映画のあらすじ

エリック・リデル(ジョセフ・ファインズ)は、紆余曲折がありながらも、パリオリンピックに出場。

男子400メートルにおいて金メダルに輝いて、一躍ヒーローとなりました。

が、そんなエリック・リデルは、おどろくべきことに、陸上の世界を去り、クリスチャンとして生きていく道を選んだのです。

彼は出身である中国の天津へと移りました。

ところが時は戦時中であり、天津は日本軍によって占領されておりました。

エリック・リデルは、イギリス領事館から退避勧告を受けましたが、妻のフローレンス(エリザベス・アレンズ)と子供だけを退避させ、みずからはそのまま残ることを決意。

やがて学校で子供たちと暮らすことになった彼は、子供たちに走る喜びを教え、中国人のジ・ニウ(ショーン・ドウ)からも一目置かれることに。

しかし、そんななか、戦争はますます激化していくのでした。

最後のランナー映画に対する期待

世界中の感動を誘った名作映画『炎のランナー』。

しかし、その続編である映画『最後のランナー』がこんな内容になっているとはおどろきましたね。

エリック・リデルはどうして、栄光を捨てて苦難の道を選んだのか、興味深いところです。

太平洋戦争のさなか、エリック・リデルは布教活動をまっとうすることができるのか、注目していきたいですね。

映画『最後のランナー』は、2018年7月14日に公開予定となっています。

ぜひ、見逃さないようにしましょう。

最後のランナー映画のスタッフ

監督:スティーブン・シン

共同監督:マイケル・パーカー

製作:マーク・バシーノ、ジム・グリーン、スティーブン・ラム、スティーブン・シン

脚本:スティーブン・シン、マイケル・パーカー、クリストファー・C・チャン

撮影:チェン・チュウキョン

音楽:スコット・グリアー

最後のランナーに出演されているジョセフ・ファインズさんについて

映画『最後のランナー』で、主人公のエリック・リデル役を演じているのは、ジョセフ・ファインズさんです。

ジョセフ・ファインズさんは、1996年の映画『魅せられて』で注目されるようになりました。

そして、1998年には映画『エリザベス』、『恋におちたシェイクスピア』によって高く評価されることとなったのでした。

映画ではこれまでに、『シンドバッド 7つの海の伝説』、『ヴェニスの商人』など、数々の作品に出演してきております。

ドラマにおいても、『フラッシュフォワード』、『CAMELOT〜禁断の王城〜』、『アメリカン・ホラー・ストーリー』、『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』などで活躍してきました。

そんなジョセフ・ファインズさんの映画『最後のランナー』での演技も楽しみですね。

最後のランナー映画のまとめ

映画『最後のランナー』は、映画『炎のランナー』の予想外の後日譚を描いていきます。

前作のファンの方も、前作を見ていないという方も、ぜひ、チェックしておきたいものですね。

きっと、大きな感動を得ることができるに違いありません。