未来のミライ 映画 動画配信

当サイトで紹介しておりますFODですが、2018年7月1日よりFODプレミアムの1か月間無料キャンペーンは「Yahoo! JAPAN ID」から「Amazonアカウント」を利用しての登録に変更になりました。その他サービスにに関しましては変更点はありませんのでよろしくお願いします<m(__)m>。

映画『未来のミライ』2018年7月20日から劇場公開されています。

『未来のミライ』の動画配信はまだ公式発表はないのですが
決まり次第追記します

VOD(動画配信サービス)はdvdレンタルと同時に動画配信が始まるケースが多いため

結構便利なサービスです

*2018年7月現在『未来のミライ』の配信は決定していないため
公式サイトで確認よろしくお願いします<m(__)m>

 

放映中最新ドラマ・映画・雑誌などが見れるVOD

 

FODプレミアム

 

放映中最新ドラマのフジテレビ作品だけではなく

毎月もらえる1300ポイントで、最新映画や原作コミックなど見れます。

Amazonアカウントだけになりますが、入会日から31日間無料お試しキャンペーンがあります

(月をまたいでも大丈夫です)

入会だけで上記ポイントがもらえます

 

有料月額費が888円で雑誌やドラマ、バラエティが見放題のため

 

雑誌を月に2冊以上購入する方やdvdなど2冊以上レンタルする方は、元が取れると思います。

 

(1)フジテレビの動画が豊富

 

しかも独占タイトルが5,000本以上! フジテレビの現在放送中のタイトルだけでなく、 『コード・ブルー』『リッチマン、プアウーマン』『昼顔』などの 過去の名作ドラマを中心に5,000本以上の独占タイトルを配信しています!

 

それ以外にもバラエティ、アニメ、 映画など様々なジャンルから、 選りすぐりのラインアップde

あの大人気タイトルがいつでもどこでも楽しめます。

 

(2)動画以外にも雑誌やコミックも楽しめます

 

FRIDAYやFLASHなど100誌以上の人気雑誌が読み放題で15万冊以上のコミックも楽しむ事が出来ます。

地上波放送ドラマのオリジナルエンディングも配信中で

 

FODプレミアムにもいくつもあるります

 

FODプレミアムの公式は下記です【AD】

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

 

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

 



 

FODお勧め作品

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも1000ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXT公式サイトは下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

31日間無料トライアル!
U-NEXT

 

 

U-NEXTお勧め作品

 

 

auビデオパス

 

auビデオパスは、一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため最新話も無料です

特にお子様向けの作品が多彩です

テレビ朝日に強く放送後再放送ですぐに見れます

 

auビデオパス公式は下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

hulu

 

huluは、二週間の無料お試しキャンペーンで有名で基本的に最新話も見放題月額933円です

Huluに掲載のコンテンツは何をどれだけ見ても月額933円(税抜)です。

追加課金や、超過課金は一切なしなのでお得です

お勧め理由

・日本テレビグループの安心企業
・登録金、解約金も不要。解約もWEBで簡単にできる。
・FOXチャンネル、ナショナルジオグラフィックチャンネル、BCCワールドニュース(英語、日本語)、
ジャイアンツLIVEストリーミングなど、オンデマンド配信以外にも、リアルタイムで楽しめるコンテンツも豊富。
・1つのアカウントで6つまでプロフィールを作成でき、家族みんなで楽しめる。

家族の間でもプライバシーが保たれるようにアカウントが分けられます

 

hulu公式サイトは下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

 

 

『未来のミライ』の映画情報

未来のミライあらすじ・キャスト・見どころなど!

今回ピックアップするのは、あの細田守監督の最新作となります。

アニメ映画『未来のミライ』ですね。

韻を踏んだタイトルとなっているのが印象的ですが、はたしてどのような内容になっているのかが楽しみです。

これまでに数々のアニメ映画による実績を誇っている細田守監督だけに、ますます期待のほうも高まっていきますよね。

それでは、アニメ映画『未来のミライ』のあらすじ、キャスト、見どころなどを見ていくことにいたしましょう。

未来のミライ映画のキャスト

くんちゃん(上白石萌歌)

ミライちゃん(黒木華)

おとうさん(星野源)

おかあさん(麻生久美子)

謎の男(吉原光夫)

ばあば(宮崎美子)

じいじ(役所広司)

青年(福山雅治)

未来のミライ映画の評価

アニメ映画『未来のミライ』は、細田守監督による待望の最新作となります。

細田守監督といえば、これまでに、『時をかける少女』、『サマーウォーズ』、『おおかみこどもの雨と雪』、『バケモノの子』など、多くのアニメ映画を輩出してきました。

受賞歴も、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞など豊富。

もはや、国際的な評価を得ております。

それゆえに、アニメ映画『未来のミライ』も楽しみですが、大まかなストーリーは、兄のくんちゃんと未来から現れた妹のミライちゃんを描いていくというもの。

主人公の声を担当するのが上白石萌歌さんというところも楽しみですね。

それでは、さっそくアニメ映画『未来のミライ』のあらすじをご覧ください。

未来のミライ映画のあらすじ

小さな家で暮らしてきた、くんちゃん(上白石萌歌)。

そこに彼の妹であるミライちゃん(黒木華)が現れました。

ミライちゃんは、なんと、未来の世界からやって来ておりました。

やがて、くんちゃんは、ミライちゃんによって、壮大な冒険へと導かれていくことになります。

それはなんと、時空を超えるというものだったのです。

くんちゃんはさまざまな体験をしていくこととなります。

元王子と称する謎の男(吉原光夫)が現れたり、おとうさん(星野源)の面影がある青年(福山雅治)と出会ったり。

こうして、くんちゃんは家族愛について学んでいきながら成長していくのでした。

未来のミライ映画に対する期待

細田守監督といえば、これまでにも『サマーウォーズ』で家族のきずなについて描いてきました。

どうやら、最新作であるアニメ映画『未来のミライ』も同じような作品となっているということで、大変待ち遠しいですよね。

『時をかける少女』同様の時空がかかわったストーリーにも注目となることでしょう。

そんなアニメ映画『未来のミライ』は、2018年7月20日に、満を持して公開予定となっております。

くれぐれも見逃すことがないように注意しておきましょう。

未来のミライ映画のスタッフ

監督:細田守

原作:細田守

脚本:細田守

作画監督:青山浩行、秦綾子

美術監督:大森崇、髙松洋平

ゼネラルプロデューサー:高橋望

プロデューサー:齋藤優一郎、伊藤卓哉、足立雄一、川村元気

ラインプロデューサー:池田大悟

アソシエイトプロデューサー:伊藤整、櫛山慶、町田有也、笠原周造

音楽プロデューサー:北原京子

キャスティングディレクター:増田悟司、今西栄介

プロダクションデザイン:上條安里、谷尻誠、tupera tupera、亀田芳高、小野令夫

音楽:高木正勝

主題歌:山下達郎

オープニングテーマ:山下達郎

CGディレクター:堀部亮

音響効果:柴崎憲治

編集:西山茂

未来のミライに出演されている上白石萌歌さんについて

アニメ映画『未来のミライ』で、主人公のくんちゃんの声を担当しているのは、上白石萌歌さんです。

上白石萌歌さんは、上白石萌音さんの妹としても有名。

2011年に、東宝「シンデレラ」オーディションでグランプリとなったことによって、芸能界デビューとなりました。

その後、上白石萌歌さんは、『ピチレモン』においてモデルとして活躍。

女優としては、映画『空色物語 「虹とシマウマ」』でデビューとなりました。

これまでに、ドラマでは、『幽かな彼女』、『金田一少年の事件簿N(neo)』、『銭の戦争』など。

映画では、『脳漿炸裂ガール』、『金メダル男』、『ハルチカ』、『羊と鋼の森』などといった作品に出演してきました。

アニメ映画での声優としてはこれが初の担当ということになっている、上白石萌歌さん。

それだけに、アニメ映画『未来のミライ』でのくんちゃんの声にもおおいに期待していきたいですね。

未来のミライ映画のまとめ

細田守監督の長編作品ということもあって、期待が鳴りやまない感じの、アニメ映画『未来のミライ』。

今度はどんな感動を味わうことができるというのか、まったく関心は尽きませんよね。