エヴァ 映画 動画配信

当サイトで紹介しておりますFODですが、2018年7月1日よりFODプレミアムの1か月間無料キャンペーンは「Yahoo! JAPAN ID」から「Amazonアカウント」を利用しての登録に変更になりました。その他サービスにに関しましては変更点はありませんのでよろしくお願いします<m(__)m>。

映画『エヴァ』2018年7月7日から劇場公開されています。

『エヴァ』の動画配信はまだ公式発表はないのですが
決まり次第追記します

VOD(動画配信サービス)はdvdレンタルと同時に動画配信が始まるケースが多いため

結構便利なサービスです

*2018年7月現在『エヴァ』の配信は決定していないため
公式サイトで確認よろしくお願いしますm(__)m

放映中最新ドラマ・映画・雑誌などが見れるVOD

 

FODプレミアム

 

放映中最新ドラマのフジテレビ作品だけではなく

毎月もらえる1300ポイントで、最新映画や原作コミックなど見れます。

Amazonアカウントだけになりますが、入会日から31日間無料お試しキャンペーンがあります

(月をまたいでも大丈夫です)

入会だけで上記ポイントがもらえます

 

有料月額費が888円で雑誌やドラマ、バラエティが見放題のため

 

雑誌を月に2冊以上購入する方やdvdなど2冊以上レンタルする方は、元が取れると思います。

 

(1)フジテレビの動画が豊富

 

しかも独占タイトルが5,000本以上! フジテレビの現在放送中のタイトルだけでなく、 『コード・ブルー』『リッチマン、プアウーマン』『昼顔』などの 過去の名作ドラマを中心に5,000本以上の独占タイトルを配信しています!

 

それ以外にもバラエティ、アニメ、 映画など様々なジャンルから、 選りすぐりのラインアップde

あの大人気タイトルがいつでもどこでも楽しめます。

 

(2)動画以外にも雑誌やコミックも楽しめます

 

FRIDAYやFLASHなど100誌以上の人気雑誌が読み放題で15万冊以上のコミックも楽しむ事が出来ます。

地上波放送ドラマのオリジナルエンディングも配信中で

 

FODプレミアムにもいくつもあるります

 

FODプレミアムの公式は下記です【AD】

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

 

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

 



 

FODお勧め作品

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも1000ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXT公式サイトは下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

31日間無料トライアル!
U-NEXT

 

 

U-NEXTお勧め作品

 

 

auビデオパス

 

auビデオパスは、一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため最新話も無料です

特にお子様向けの作品が多彩です

テレビ朝日に強く放送後再放送ですぐに見れます

 

auビデオパス公式は下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

hulu

 

huluは、二週間の無料お試しキャンペーンで有名で基本的に最新話も見放題月額933円です

Huluに掲載のコンテンツは何をどれだけ見ても月額933円(税抜)です。

追加課金や、超過課金は一切なしなのでお得です

お勧め理由

・日本テレビグループの安心企業
・登録金、解約金も不要。解約もWEBで簡単にできる。
・FOXチャンネル、ナショナルジオグラフィックチャンネル、BCCワールドニュース(英語、日本語)、
ジャイアンツLIVEストリーミングなど、オンデマンド配信以外にも、リアルタイムで楽しめるコンテンツも豊富。
・1つのアカウントで6つまでプロフィールを作成でき、家族みんなで楽しめる。

家族の間でもプライバシーが保たれるようにアカウントが分けられます

 

hulu公式サイトは下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

 

 

『エヴァ』の映画情報

エヴァあらすじ・キャスト・見どころなど!

今回ご紹介していく映画は『エヴァ』です。

といっても『新世紀エヴァンゲリオン』ではなく、2018年に公開されるフランス映画ということになります。

人気小説の映画化作品であり、出演者も豪華な顔ぶれとなっているため、大変期待される作品です。

1人の魔性の女性をめぐって周囲が大きな影響を受けていくという、実に興味深い内容となっておりました。

くわしいあらすじはあらためてお伝えしてまいりますが、ぜひ、お楽しみに。

それでは、映画『エヴァ』のあらすじ、キャスト、見どころなどといったものを見ていくことにいたしましょう。

さっそく、ご覧ください。

エヴァ映画のキャスト

エヴァ(イザベル・ユペール)

ベルトラン・バラデ(ギャスパー・ウリエル)

カロリーヌ(ジュリア・ロイ)

ジョルジュ・マーラン(マルク・バルベ)

レジス・グラン(リシャール・ベリ)

エヴァ映画の評価

映画『エヴァ』は、ジェイムズ・ハドリー・チェイスさん原作の小説の映画化作品となっております。

ジェイムズ・ハドリー・チェイスさんは、『ミス・ブランディッシの蘭』でデビューし、以後、暗黒小説などのジャンルで活躍していきました。

そんなジェイムズ・ハドリー・チェイスさんの『悪女イヴ』が映画『エヴァ』の原作です。

そんな映画『エヴァ』の内容は、1人の娼婦に男が惹かれてしまい、その周囲も巻き込まれていくというもの。

果たしてどんな展開になっていくのかまったく予想もできなそうな感じですから、非常に楽しみですよね。

映画『エヴァ』の主演は名女優として知られているイザベル・ユペールさんということですから、キャスティングのほうにもとても注目ですよ。

それでは、映画『エヴァ』のあらすじへと移ってまいりましょう。

エヴァ映画のあらすじ

作家のベルトラン・バラデ(ギャスパー・ウリエル)は、処女作が絶賛されて、人気急上昇中。

しかし、そんな彼は盗作をしておりました。

そのため、2作目が書けず、苦悩していたのです。

なんとか書こうと山荘へ出かけることにした、ベルトラン・バラデ。

そんな彼を待っていたのは、勝手に中に侵入していた男女なのでした。

腹を立てたベルトラン・バラデは、勝手に入浴していた娼婦のエヴァ(イザベル・ユペール)にクレームをつけようとします。

が、こともあろうに、ベルトラン・バラデはそのエヴァのとりこになってしまったのです。

彼はエヴァを作品のネタに使うという口実で彼女に接近します。

しかし、相手にされなかったため、腹を立てることに。

そんななか、ベルトラン・バラデの周囲の人々もこの騒ぎに巻き込まれていくことになるのでした。

エヴァ映画に対する期待

映画『エヴァ』は、いろんな意味において皮肉な感じのストーリーのようですね。

人気作家が実は盗作者で2作目が書けないという設定もおもしろいものです。

しかし、その後、よりによって彼が山荘に不法侵入していた娼婦に惹かれてしまうとは、ビックリするような展開ですよね。

本当に、どのような結末を迎えることになるのか、分かりません。

はたして、エヴァとベルトラン・バラデは結ばれるのかどうか、とても気になりますよね。

映画『エヴァ』は2018年7月7日に公開予定となっておりますので、ぜひ、お見逃しのないように。

エヴァ映画のスタッフ

監督:ブノワ・ジャコー

原作:ジェームズ・ハドリー・チェイス

脚本:ブノワ・ジャコージル・トーラン

撮影:ジュリアン・ハーシュ

美術:カーチャ・ビシュコフ

音楽:ブリュノ・クーレ

衣装:マリエル・ロボー

編集:ジュリア・グレゴリー

エヴァに出演されているイザベル・ユペールさんについて

映画『エヴァ』で、主人公のエヴァ役を演じているのは、イザベル・ユペールさんです。

イザベル・ユペールさんは、フランスを代表する女優であり、その名声は世界中にわたっています。

1972年に映画『夏の日のフォスティーヌ』で本格デビューして以来、そのキャリアは2018年現在で、実に46年にも及んでおりました。

これまでに出演してきた映画は数え切れません。

おもだったものだけでも、『ヴィオレット・ノジエール』、『主婦マリーがしたこと』、『沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇』、『ピアニスト』、『8人の女たち』、『未来よ こんにちは』、『エル ELLE』など、名作ばかりとなっております。

カンヌ国際映画祭女優賞など、受賞歴もすごいものとなっておりました。

そんなイザベル・ユペールさんの映画『エヴァ』での活躍にも期待大ですね。

エヴァ映画のまとめ

次から次におどろかされる展開となっていくようすの、映画『エヴァ』。

ぜひ、最後まで見届けて、その変わったストーリーを心行くまで堪能したいものですね。