セラヴィ! 映画 動画配信

当サイトで紹介しておりますFODですが、2018年7月1日よりFODプレミアムの1か月間無料キャンペーンは「Yahoo! JAPAN ID」から「Amazonアカウント」を利用しての登録に変更になりました。その他サービスにに関しましては変更点はありませんのでよろしくお願いします<m(__)m>。

映画『セラヴィ!/C’est la vie!』は2018年6月15日より劇場公開されています

『セラヴィ』の動画配信はまだ公式発表はないのですが
決まり次第追記します

VOD(動画配信サービス)はdvdレンタルと同時に動画配信が始まるケースが多いため

結構便利なサービスです

*2018年7月現在『セラヴィ』の配信は決定していないため
公式サイトで確認よろしくお願いします

放映中最新ドラマ・映画・雑誌などが見れるVOD

 

FODプレミアム

 

放映中最新ドラマのフジテレビ作品だけではなく

毎月もらえる1300ポイントで、最新映画や原作コミックなど見れます。

Amazonアカウントだけになりますが、入会日から31日間無料お試しキャンペーンがあります

(月をまたいでも大丈夫です)

入会だけで上記ポイントがもらえます

 

有料月額費が888円で雑誌やドラマ、バラエティが見放題のため

 

雑誌を月に2冊以上購入する方やdvdなど2冊以上レンタルする方は、元が取れると思います。

 

(1)フジテレビの動画が豊富

 

しかも独占タイトルが5,000本以上! フジテレビの現在放送中のタイトルだけでなく、 『コード・ブルー』『リッチマン、プアウーマン』『昼顔』などの 過去の名作ドラマを中心に5,000本以上の独占タイトルを配信しています!

 

それ以外にもバラエティ、アニメ、 映画など様々なジャンルから、 選りすぐりのラインアップde

あの大人気タイトルがいつでもどこでも楽しめます。

 

(2)動画以外にも雑誌やコミックも楽しめます

 

FRIDAYやFLASHなど100誌以上の人気雑誌が読み放題で15万冊以上のコミックも楽しむ事が出来ます。

地上波放送ドラマのオリジナルエンディングも配信中で

 

FODプレミアムにもいくつもあるります

 

FODプレミアムの公式は下記です【AD】

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

 

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

 



 

FODお勧め作品

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも1000ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXT公式サイトは下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

31日間無料トライアル!
U-NEXT

 

 

U-NEXTお勧め作品

 

 

auビデオパス

 

auビデオパスは、一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため最新話も無料です

特にお子様向けの作品が多彩です

テレビ朝日に強く放送後再放送ですぐに見れます

 

auビデオパス公式は下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

hulu

 

huluは、二週間の無料お試しキャンペーンで有名で基本的に最新話も見放題月額933円です

Huluに掲載のコンテンツは何をどれだけ見ても月額933円(税抜)です。

追加課金や、超過課金は一切なしなのでお得です

お勧め理由

・日本テレビグループの安心企業
・登録金、解約金も不要。解約もWEBで簡単にできる。
・FOXチャンネル、ナショナルジオグラフィックチャンネル、BCCワールドニュース(英語、日本語)、
ジャイアンツLIVEストリーミングなど、オンデマンド配信以外にも、リアルタイムで楽しめるコンテンツも豊富。
・1つのアカウントで6つまでプロフィールを作成でき、家族みんなで楽しめる。

家族の間でもプライバシーが保たれるようにアカウントが分けられます

 

hulu公式サイトは下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!

 

 

 

『セラヴィ』の映画情報

セラヴィ!あらすじ・キャスト・見どころなど!

洋画といえばハリウッド映画もいいですが、フランス映画も名作が多いものですよね。

今回ピックアップする映画『セラヴィ!』は、そんなフランス映画の傑作の1つとなりそうです。

ジャンルはコメディですから、夏に盛り上がりたいという方にはおすすめですよ。

そんな映画『セラヴィ!』のテーマは結婚式となっておりますが、いったい、どのようなストーリーとなっているのか、ぜひ、ご期待ください。

それでは、映画『セラヴィ!』のあらすじ、キャスト、見どころなどをチェックしていきましょう。

セラヴィ!映画のキャスト

マックス(ジャン=ピエール・バクリ)

ジェームス(ジル・ルルーシュ)

ギイ(ジャン=ポール・ルーヴ)

ジュリアン(ヴァンサン・マケーニュ)

アデル(アイ・アイダラ)

ジョジアーヌ(スザンヌ・クレマン)

サミー(アルバン・イワノフ)

ピエール(バンジャマン・ラヴェルヌ)

エレナ(ジュディット・シュムラ)

セラヴィ!映画の評価

映画『セラヴィ!』は、結婚式を取り扱ったコメディとなっております。

ウェディングプランナーである主人公のもとにある結婚式の依頼がやってくるところから話が進んでいくことになるのですね。

フランス映画といえば芸術的で敷居が高い感じもしますが、映画『セラヴィ!』は、きわめて娯楽性が強い作品であると評価できそうです。

洋画はハリウッド映画がメインという方も、ご覧になってみてはいかがかと思いますよ。

そんな映画『セラヴィ!』は、2018年7月6日に公開予定となっております。

ぜひ、リアルタイムで鑑賞して、おおぜいの観客たちと楽しみを共有してみたいものですよね。

セラヴィ!映画のあらすじ

主人公のマックス(ジャン=ピエール・バクリ)は、ウェディングプランナー。

これまで長きにわたって多くの結婚式を盛り上げてきました。

そんな彼には、ピエール(バンジャマン・ラヴェルヌ)とヘレナから結婚式の依頼が舞い込んでいました。

それはなんと、17世紀の城で行われるという豪華なものだったのです。

さっそく本腰を入れていくことになる、マックス。

彼の仕事ぶりはいたって立派なものでした。

ところが、マックスは思わぬところから足元をすくわれることに。

なんと、スタッフたちが不作法を繰り返してしまい、結婚式はピンチになってしまったのでした。

このとんでもない危機を乗り越えるためのマックスの戦いが始まっていくことになります。

セラヴィ!映画に対する期待

豪勢な城で行われて派手に盛り上がるはずだった、ピエールとヘレナの結婚式。

それがまさかスタッフたちの起こすドタバタによって雲行きが怪しくなっていくとは大変なことでしょう。

ウェディングプランナーとしての実績が多いマックスがどうやって局面を打開するというのか、楽しみですね。

そんな映画『セラヴィ!』は、コメディとしてはめずらしく、舞台も見どころとなっていきそうです。

鑑賞後に満足感が得られること間違いなしの映画『セラヴィ!』に期待していきましょう。

セラヴィ!映画のスタッフ

監督:オリビエ・ナカシュ、エリック・トレダノ

プロデューサー:ニコラ・デュヴァル=アダソフスキ、ヤン・ゼヌー、ローラン・ゼイトゥン

撮影:ダーヴィッド・シザレ

音楽:アヴィシャイ・コーエン

音響:パスカル・アーマン、セリム・アザシ、ジャン=ポール・ユリエ

美術監督:マチュー・ヴァドピエ

衣装:イザベル・パネティエ

編集:ドリアン・リガル=アンス

セラヴィ!に出演されているジャン=ピエール・バクリさんについて

映画『セラヴィ!』で、主人公のマックス役を演じているのは、ジャン=ピエール・バクリさんです。

ジャン=ピエール・バクリさんは、映画『サブウェイ』で俳優としてブレイクしました。

その後は、『7thターゲット』、『C階段』、『悪夢の日曜日/ナイト・シャイニング』、『家族の気分』、『恋するシャンソン』、『ディディエ』、『ヴァンドーム広場』、『ムッシュ・カステラの恋』、『みんな誰かの愛しい人』など、数多くの映画に出演しています。

一方、ジャン=ピエール・バクリさんといえば、脚本家としても有名。

自身の出演作でもある『家族の気分』、『恋するシャンソン』、『ムッシュ・カステラの恋』、『みんな誰かの愛しい人』などに脚本を提供してきました。

妻は映画監督のアニエス・ジャウィさんで、『ムッシュ・カステラの恋』、『みんな誰かの愛しい人』ではタッグを組みました。

そんなジャン=ピエール・バクリさんの映画『セラヴィ!』での演技にも注目していきたいですね。

セラヴィ!映画のまとめ

豪華な舞台でドタバタが繰り広げられていくことになる映画『セラヴィ!』が楽しみですよね。

2018年の洋画のコメディを代表する作品となるのは確実です。