もみ消して冬/最終回/動画~1話がhuluで無料視聴/見逃し配信/再放送

もみ消して冬/最終回/動画~1話がhuluで無料視聴/見逃し配信/再放送

 

ですが、二週間の無料お試しキャンペーンのhuluが月額933円で最新話も見放題で

配信しています

 

他の大手U-NEXT、auビデオパスは、まだ未配信でした

 

huluとはなに?って方に説明しますが、

 

vodといって放映中最新ドラマが地上波放送後に動画配信で再放送されます

 

先日、好評に終わったトドメの接吻もありますし、

 

スピンオフ版のトドメのパラレルを制作しています

 

よくhuluは、日本テレビ系列の子会社でとありますが

 

違って、NHKオンデマンド、TBS系列もあります

 

もみ消して冬見放題:hulu

 

huluは、二週間の無料お試しキャンペーンで有名で基本的に最新話も見放題月額933円です

家族の間でもプライバシーが保たれるようにアカウントが分けられます

 

嬉しいのは子供に見せたくないR指定の作品などはチャイルドロックできます

 

hulu公式サイトは下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

 

 

もみ消して冬第10話最終回あらすじ

 

秀作と邦夫の入れ替わり生活は続き、秀作は些細な事で感謝を口にしてくれる吉田家で幸せをかみしめていた。そんな中、またもや北沢家にもみ消しが必要な事件が起こる。.

出演者

山田涼介、波瑠、小澤征悦、小瀧望(ジャニーズWEST)、恒松祐里、児嶋一哉、千葉雄大、浅野和之、中村梅雀 加藤諒

番組内容

秀作(山田涼介)と邦夫(加藤諒)の入れ替わり生活は続き、秀作は些細な事で感謝を口にしてくれる吉田家で、幸せをかみしめていた。 納得できない尾関(小瀧望)は、秀作を説得するが、しょせん知晶(波瑠)へのポイント稼ぎだと相手にされない。 そんな中、またもや北沢家にもみ消しが必要な事件が起こる。楠木(千葉雄大)からそのことを知らされた秀作は、もう北沢家の人間ではないからと聞き流すが、あることに気づき…

監督・演出

演出
中島悟

原作・脚本

脚本
金子茂樹

音楽

音楽
ワンミュージック
主題歌
「マエヲムケ」Hey!Say!JUMP(ジェイ・ストーム)

視聴者の声

30代女性

秀作(山田涼介さん)は浜野谷(柴俊夫さん)の愛犬ジョンを探すことになります。

きっつかけは兄の博文(小澤征悦さん)が逃がしてしまったのです

長女の千晶(波留さん)は無謀な提案をします。楽しみですよねー^^

前回は法をおかしても父を助けました。

今回も法は関係ないんでしょうなー^^

犬のジョンを72時間以内に見つけないと、博文は首になってしまいます。

秀作は家族に脅されて、警察犬を出動させます。

チワワのチャッピーは活躍するのか?

ジョンを、どう探すのか・楽しみです^^

楠木(千葉雄大さん)さんが千晶に言われてジョンの兄弟をゲットする。

3人の作戦が始まる。やはり秀作が出動する。

ジョンを助けた秀作!本当のジョンが帰ってきました^^

ジョンが北沢家の一員になりました♪

20代男性

もみ消して冬、今回は知晶を中心にラブのお話でしたね。

冒頭から会食の席にて議員の男性との結婚話を持ち掛けられる知晶。

家柄も良く美人で敏腕弁護士と言う顔もある知晶はやはりモテるようですね。

別件で来たお見合い話の相手は父親の事業の進捗に関わる不動産会社の息子と言う厄介な物件。知晶は頑なにお見合いを拒否しますが、理由は口では興味がないからと言いつつも本音は他に気になる人がいるから、なのでしょうか。知晶の「気になる人」は楠木だと予想する北沢家の人々。

しかしそんな中発覚する楠木の背中の鯉(入れ墨)。更に続けて発覚する「楠木が酔った知晶にキスされた」と言う事実。これには秀作もパニック。

下着泥棒を追跡中に3億円の強盗犯が自首して~のくだりに笑いました。ですが当の楠木は知晶に気がないようで、兄博文のお節介で知晶がそのことを知ってしまうシーンには何とも言えない気持ちになりました。後日パーティーで「酔ったら誰にでもキスする女」を演じている姿が切なかったです。今回もみ消したのは楠木への好意、と言うことでいいんでしょうか。

これまでのお話は主に秀作が身内のピンチをもみ消すと言うストーリーだったのでこう言う角度から切り込まれるとは思っていませんでした。

知晶の心情を思うと胸が痛みます。今後楠木の気が変わって知晶と良い仲になってくれると良いんですけどね。一方で博文と池江さんの急接近により秀作の恋も窮地に追い込まれてきましたね。

元々自分よりも兄の方がタイプだと言っていた池江さんを自宅のパーティーに招待しちゃうとは秀作も迂闊でしたね。その迂闊さが秀作の魅力とも思いますが。

秀作に向けた、ラストの博文のこれ見よがしなドヤ顔が最高に良い味を出していたと思います。