第42回隅田川花火大会

夏の恒例、隅田川花火大会のテレビ東京の中継が今年も。

今年のジメジメした長めの梅雨明けを爽快な気分にさせてくれそうですね。

42回になる今年は、令和初の隅田川花火大会になる記念大会!

会場に行けなくても、テレビで観られるのも贅沢な話ですよね。

会場でみられるのも直にその場の音や空気を感じられるてうらやましいです。

いつかは行ってみてみたいものです。

でもテレビなら人混みや渋滞、人混みの混雑、トイレに並ぶなどの大変さは関係なくのんびり観られるんですよね。

 

テレビ東京番組はパラビ(公式TBSオンデマンド+テレ東オンデマンド)で無料視聴できます(放送後すぐに再放送動画配信で楽しめます)

 

ネットにはたしかに個人がアップロードした動画がありますがパラビなら無料お試しキャンペーンで見放題だし、

ないものを探すよりパラビに登録した方が早い時あります(自分に合わなければやめても費用は掛かりません)

 

 

そんなパラビの特徴ですが

会員登録月は会費が無料で楽しめます

TBSテレビ・テレビ東京の番組が充実

国内最大級のドラマアーカイブ数

人気ドラマの出演者による座談会などのオリジナルコンテンツが満載

国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信

TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!

ご利用できるデバイスはパソコン、スマホ、タブレットです

 

Paravi公式サイトは下記です【AD】

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

1ヵ月無料お試しキャンペーンのParaviはこちらから

 

Paravi

 

本作品の配信状況は、追記します

2019年7月現在の情報で、詳しくは上記公式サイトで確認ください

 

パラビ(TBSオンデマンド+テレ東オンデマンド合同のVOD)の特徴

 

①基本的にリアルタイムで見逃しても、途中から見て、初めから、または初回~みたい!って時に地上波テレビ放送後にすぐに再放送で見れる

②dvdレンタルは半年以上先だけど、話題がホットなうちの楽しめる

③月額費用が1000円以下と安い

④TBS番組。地域によっては見れないテレ東作品が豊富に見れる

⑤テレビ番組だけでなく、最新映画作品も見れる

下記は、パラビ管理画面より引用(記事執筆時の最新情報

国内ドラマ

 

映画

 

バラエティ

 

詳しくは下記のパラビ公式サイトまで

 

Paravi公式サイトは下記です【AD】

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

1ヵ月無料お試しキャンペーンのParaviはこちらから

 

Paravi

 

さまざまな中継スポットから

 

やはり花火は人の心を惹きつけますよね。

夏といえば!という風情も感じられます。

上空カメラや、放送席、そして屋形船からの中継というのも見どころですよね。

まずヘリコプターからの角度から花火を観るなんてできないですし、贅沢な気分にさせてくれますね。

屋形船からみた映像もその気分を味わえるようで良いですし。

スカイツリーと花火を同じ画面で観られたりもしますもんね。

上から下から、遠くや近く、色々な角度からみた花火を楽しめるなんてありがたい話です。

夜空に輝く花火が下の隅田川に光って反射している姿も綺麗ですよね。

 

放送地域、放送時間

 

テレビ東京
2019年7月27日(土曜日)午後18:30~

 

番組内容

 
 

江戸時代からの伝統を誇る、隅田川花火大会。新時代!令和初となる記念大会を、今年も独占生中継します!

ヘリコプターや屋形船、街中の穴場スポットなど、様々な場所から臨場感あふれる美しい花火の姿と音をお届けします。

 

キャスト

   
 

司会
高橋英樹、角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)
ゲスト
武田鉄矢、高島礼子、ビビる大木、磯村勇斗、大原櫻子
屋形船
東貴博、片渕茜(テレビ東京アナウンサー)、鈴木望
移動中継
庄司智春、竹崎由佳(テレビ東京アナウンサー)
出演者つづき
グラウンド中継
横澤夏子、池谷実悠(テレビ東京アナウンサー)
ヘリ
森香澄(テレビ東京アナウンサー)
審査会場
田中瞳(テレビ東京アナウンサー)
花火解説
河野晴行、由井雍
副音声
いとうせいこう、Bose

 

 

隅田川花火コンクールも注目してしまいますよね。

誰が作った、どんな花火が優勝するのでしょうか。

全国から集まった選りすぐりの花火会社ですから、この日のこの大会のためにどんな花火が用意されているのか期待しています。

視聴者も予想できる楽しさがありますし、データ放送での予想に参加すると抽選のプレゼントもあったりと、より身近に楽しめる企画も。

さらに夢や目標などのエピソードの募集もあり、番組で読み上げられる可能性も。

こういう色んな人のエピソードを聞くと、ホッコリしたりジーンとくる心あたたまるものもあって、でもクスッと笑えたり共感できるものもあったりして、楽しいんですよね。

花火だけでなく、沢山の人とテレビを通して一緒にみているかのような感覚も味わえるのも隅田川花火の中継かもしれませんね。

 

贅沢な時間を

  
 

テレビで花火大会を観ても迫力にかけると思う人もいるかもしれません。

でも今のテレビは映像も綺麗で花火をしっかり写し出してくれるんですよね、音も臨場感がありますし、何より番組がいかに花火の良さをテレビを通して伝えられるか工夫が沢山してある気がします。

中継の場所にしても、映像にしても。むしろテレビだからこそできる見せ方があるから、隅田川花火ならテレビ派という人だっているのではないでしょうか。

新しい花火、可愛い花火、楽しさや美しさだけではないような、新時代の新しい風を花火からも感じられそうな気がします。