松本清張「点と線」

1953年。

芥川賞を受賞した”或る「小倉日記」伝”を世に知らしめた松本清張さん。

そしてね。

今回…ドラマで彩登場する作品となります。

「点と線」

当然なる…社会派推理小説のブームを生み出した超有名作品ですけれど。

「転と宣言!?」

作品の感動…説明では”点と点を結べないと転ぶ”宣伝になりますからねぇ。

更には…ありそうな事実。

詳しく知らない人だって…おじさん以外にも。

少数派で、居るかもしれないですから。

となると。

「少数派で小説はっと」

現代に蘇る、名作復活の出会いチャンスを…少数派脱却する熱意を胸にさぁ。

ぜひ過ぎる…ビートたけしさん演じる”鳥飼刑事”と共に、柔軟思考で難事件を解くで得しましての~。

仲間には、バレてない知らない小説解決ソロリと観ましょうぞぃ。

後…見た後語るのは解決後にゾロリみんなでぇ。

 
ところで、松本清張作品及び、テレビ朝日の日曜プライム(日曜日の21:00~のドラマ枠)は、U-NEXTというビデオオンデマンドサービスで配信されております。

U-NEXTの紹介をします。

 

U-NEXTでは松本清張作品が見れます

 

 

U-NEXTのお奨め点は下記です

①放送後のドラマ作品が、テレビ放送後にすぐに見れるレンタルショップでdvdレンタルが始まる前に見ることができます)

 

②入会するだけで、31日間の無料お試しキャンペーンしている(入会日から31日間です)月をまたいでもOKです

 

③入会するだけで600ポイントもらえます(コミック原作や最新映画、映画館割り引きなどに使えます)

 

*31日後も毎月1200ポイントがもらえます

他局や映画、雑誌コミックなど多彩にあるため、お得感がります(雑誌は70冊以上読み放題です)

 

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの一カ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

本作品の配信状況は、追記します

2019年8月現在の情報で、詳しくは上記公式サイトで確認ください

 

最新ドラマ・アニメ・映画・雑誌などが見れるVOD

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTでは『点と線』原作が読めます

 

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも600ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上以上配信しています!
※見放題作品90,000本、レンタル作50,000本(2019年1月末時点)

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能ですが、
ペアレンタルロック機能を使用して、非表示にすることも可能です。

雑誌も70冊以上読み放題で、電子書籍も充実しております

映画やドラマ、アニメの原作なども合わせて楽しめます。

 

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの一カ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

U-NEXTお勧め作品

 

邦画

 

洋画

 

国内ドラマ

 

韓流

 

バラエティー

 

>

 

とにかく…最新捜査ギアはゼロで”思考ギアフル”にしないと事件は完結しないそうさぁ⤴。

 

先ず…解決=完結定義ってね。

「ワクワク捜査ギア無いと!?」

スッキリしない現代社会思考ですと…完結した感動感は味わえないのが”点と線”の魅力だと思いますぞ。

例えばでさぁ。

「ひたすら~歩く・メモる・心見る動作!?」

本能捜査のみとも言える…鳥飼刑事の行動”試みるで心見る”のシーン多数は、アナログの最強説を感じてしまいますし~。

「魅力な魔力に引き寄せられる三原刑事⤴」

これまた…高橋克典さん演じる・三原なる男の”ぶつかり合いで哀”な生き様共感シーンがさぁ。

「令和で共感する心ギア⤴」

そんな…何も無いように見える捜査で感じれる”心ギア発見”が多々ある彼らを見極めれるとねぇ。

「真の解決完結へ⤴」

ぜひ…感動するのは令和な今と言いたい。

モノが無い時代に…真実を追い求める心ギアで歩き続ける”ホンモノ”を感じて観ようぞぃ。

 

タイトル の放送地域、放送時間

 

テレビ朝日系
2019年8月4日(日曜日)午後21:00~

 

昭和32年を舞台にしてるんで…淡い色合いの俳優さん達が新鮮で眩しいっすよ。

 
 

いきなり書く。

太鼓判魅力にさぁ。

「昭和32年の風景⤴」

知らない人でも懐かしく愛おしい…時代と調和してる”役者陣に惚れる”貴重な時間となりますよ。

しかもで。

名もなき役なる名優さんも…昭和を生きる自然な姿が驚きの”映像ビビットカラー”と感じさせますからねぇ。

正に…個々でココに気づきますと

「淡いのにビビットする感覚⤴」

そして、知って欲しい。

知らないハズの時代背景から…新たな思考カラー鮮明にする作品と俳優陣の魅力発見でんでん太鼓判話でしたっと。

 

豪華キャストの意味を、令和の今こそ”改めて冷静に体感すべき”出演者達です。

   
 

鳥飼重太郎(ビートたけしさん)

田中係長/博多東警察署(小林稔侍さん)

永井課長/博多東警察署(平泉成さん)

三原紀一/警視庁捜査二課警部補(高橋克典さん/宇津井健さん)

笠井係長/警視庁捜査二課(橋爪功さん)

寺崎課長/警視庁捜査二課(名高達男さん)

児嶋刑事/警視庁捜査二課(金児憲史さん)

柳原刑事/警視庁捜査二課(芦川誠さん)

刑事(でんでんさん)

服部刑事/北海道警察(深水三章さん)

幹部/警視庁捜査二課(河西健司さん)

原種臣/大臣(江守徹さん)

石田芳男/企画局長(竹中直人さん)

中尾正/推進課長(本田博太郎さん)

佐々木喜太郎/事務官(大鶴義丹さん)

鳥飼つや子(内山理名さん/池内淳子さん)

小林安子(樹木希林さん)

安田辰郎(柳葉敏郎さん)

安田亮子(夏川結衣さん)

佐山憲一(大浦龍宇一さん)

佐山の兄(中島久之さん)

桑山秀子(原沙知絵さん)

桑山ハツ(市原悦子さん)

博多の旅館番頭(升毅さん)

博多の旅館仲居(星野真里さん)

八百屋の店主(斉藤洋介さん)

料亭の女将(松井紀美江さん)

料亭の仲居(筒井真理子さん)

料亭の仲居(あめくみちこさん)

アパート大家(伊佐山ひろ子さん)

安田家の家政婦(樋田慶子さん)

北海道の旅館仲居(阿知波悟美さん)

河西徹夫(佐戸井けん太さん)

函館駅の駅員(半海一晃さん)

車掌(梨本謙次郎さん)

東京駅助役(小野武彦さん)

長谷川医師(坂口良子さん)

ある女性(かたせ梨乃さん)

電車の女性(高橋由美子さん)

日本航空社員(天宮良さん)

喫茶店の給女(滝沢沙織さん)

駅員(山谷初男さん)

漁民(志賀佳二郎さん)

タクシー運転手(伊藤克信さん)

ナレーション(石坂浩二さん)

 

ビートたけしさん熱演してる…物静かな闘志ある男が”不器用で器用”過ぎる男前っす。

 

とにかくで。

豪華俳優陣で…目と耳の、やり場に困ルンな大作ですけれども。

おじさん的にはねぇ。

「昭和をリアルに生きる鳥飼刑事⤴」

仕事を終えた我が家とか…孤独に”手酌酒シーン”は、魅力全開で、毎回参る観たい姿と断言したいですからねぇ。

他にも、例えば。

痒い腕を掻いてる…何気ない”見逃すワンシーン”にさせない為にもさぁ。

「男の過去・現在を感じる腕シーン!?」

実は…相当でぇ。

意味ある魅力の引き出シーンを、サラリと熟せる天才を心で確保しましょうぞぃ。

 

不思議な感覚で操作される…自分が捜査現場でひらめく顔になる演出が永遠の名作。

  
 

まとめでも、魅力語るのはさぁ。

「新展開を同時に感じれる名作!?」

おじさんまるで…三原演じてる”高橋克典さん”になった気分でねぇ。

「等身大闘志自分⤴」

新たな事実…判明する瞬間を感じてしまいましたからねぇ。

…観てるのバレかも。

…。

とりあえずオススメ。

まるで…昭和の時代に生きた刑事を自身と”無意識・無理で重ねてしまう魅力”を語りつつ〆としますぞぃ。