我が家のヒミツ3話3/17動画配信nhkbsプレミアム

奥田英朗さんの小説、このシリーズ好きです。

家日和、我が家の問題、我が家のヒミツ、どれも読んでいますが、笑えたり共感できる部分があったり、読んだあとにあたたかい気持ちになれたり楽しめる作品ばかりなんですよね。
ドラマも第2段を放送してくれるなんて楽しみです。

タイトルは我が家のヒミツですが、あらすじをみていたら、ロハスにハマる妻とか、カーテン屋の話があり、家日和の作品もここでドラマ化されるんですね。

 

この記事ではドラマの放送日時やあらすじ、見どころ、キャストなどの情報などをご紹介しています

『我が家の秘密『はU-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスで再放送されます

 

NHKの作品は普通はあまり、VODでないのですが、U-NEXTは、NHKの公式パートナーのため、

放送後すぐにNHK作品が楽しめます。

単品で見てもいいし、基本的にNHKオンデマンドと同じシステムのため、

NHK作品がほとんど、ほとんどに見れます。

nhkが好きな方はドラマなども含む(大河、朝ドラその他沢山)見放題低額(U-NEXTのNHKオンデマンド)コースも毎月のポイント還元で

見ることもできます
他局や映画、雑誌コミックなど多彩にあるため、お得感がります(雑誌は70冊以上読み放題です)NHK作品はU-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスで再放送されます

 

U-NEXTは31日間無料お試しキャンペーンをしています

 

U-NEXT公式サイトは下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

31日間無料トライアル!
U-NEXT

 

 

最新ドラマ・アニメ・映画・雑誌などが見れるVOD

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも1000ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXT公式サイトは下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

31日間無料トライアル!
U-NEXT

 

 

佐藤仁美さんの挑戦

 

第1弾のドラマ我が家の問題では、水川あさみさんが一人4役で演じましたが、今回は佐藤仁美さんが4役をこなすんですね。

佐藤仁美さんは若い頃はとても可愛いアイドルだったそうですね。

今やおばちゃんキャラや毒舌なんかも出すバラエティーで活躍もできるし、良い女優さんという印象でした。

どんと構えた、強い奥さんというのが似合いますよね。

頼もしさや強さ、明るさが画面から伝わってくるキャラクターを見事に演じていましたよね。

今回は4役それぞれの違った立場の女性をどう演じわけるのかも楽しみですね。

 

我が家のヒミツ第3話放送地域、放送時間

 

BSプレミアム
2019年3月17日(日曜日)午後22:00~

 

我が家のヒミツ第3話番組内容

佐藤仁美ひとり4役で妻を演じるオムニバス。妊婦の葉子は、引っ越して来た隣人が怪しい犯罪者ではないかと疑う。そんな妻を夫(永井大)は妄想だと否定。真相はいかに!?.

番組内容

妊婦の松坂葉子(佐藤仁美)は、隣に引っ越してきた夫婦らしき隣人があいさつに来ず、生活感がほとんどないことから怪しい犯罪者ではないかと疑い始める。そんな葉子を夫の英輔(永井大)は妄想だと否定するが、葉子の疑念は収まるどころか、ますますエスカレートして二人の間には深い溝ができてしまう。英輔は世界スポーツサミットのスタッフとして準備に忙しく、同僚の宮本(矢柴俊博)は、英輔にあるアドバイスをするが…。
出演者

 

キャスト

 

佐藤仁美,田中直樹,白本彩奈,落合晴音

 

4つの夫婦の形

 

4つのオムニバス、それぞれの旦那さん役も興味深い!

田中直樹さんは、オークションにはまる妻の夫役なんですよね。

この話、ある妻の一言にこの本をすすめてくれた親戚は吹き出したと言ってましたが、そういう気持ちになるのも分かる気もするとも思いました。

でもこの旦那さんを田中直樹さんというのが、想像が自然と出来るあたりナイスチョイス。

カーテン屋になる夫は八嶋智人さん。

ううむ、なんかこの能天気行き当たりばったりの深く考えない感じの役も八嶋智人さんが自然に浮かんできますね。

でもこの旦那さん、自分が妻だったら不安で仕方ない。

奥さん器広いとも思います。

妊婦と隣人には永井大さん。

妻が妊娠でナーバスになってるだけだと思ってる旦那さん。

こちらもまた想像できますね。

この妊婦さんの中の事件は、夫の世界には関わりのない事なのだと思いますが、もしかしたらあり得るかもとなんだか読み終えた後に色々想像をかき立てられました。

そして岸谷五朗さんは小説家の役。

この話は初めて読んだ時、もしかしたら著者の奥田さん自信の話かと思いました。

たぶん違うみたいですが、きっと実生活で感じた事は題材になっているのでは?

いるいるそういう人、とかこれはありそうっていう感じの描写もあったり。

3冊のこのオムニバスの小説シリーズにおいて、唯一どの本にも登場するこの小説家。

特に我が家の問題のこの小説家の話は大好きで、何度読んでも泣けてしまいます。

泣く話ではないかもしれませんが、この主人公の小説家の人柄が本当に好き。

太ってきたり、妻にときめくとかの間柄ではないにしても、こんな素敵な考え方してくれる旦那さん素晴らしいと思います。

なので、我が家のヒミツが出た時は、小説家シリーズはあるかな?と即効レジに並んで買いました。

これがまた本当に良くて、是非今後またこのドラマにして欲しいです。

そうなったら、岸谷五朗さんが演じるかもしれませんね。

 

男と女

 

男性と女性、結婚してるかどうかでまた違った感想も出るんじゃないかと思います。

最初にこの小説をすすめてくれたのが男性でしたが、ここはこう思うとか、この状況はきついという感想が結構私の読んだ時の印象とも違ったんですよね。

夫も読んだし、友達にもすすめてみたけど、そう感じました。

ドラマ化と聞くと、イメージが固まってるから観るのは抵抗があるというのもよくある話ですが、この作品は、映像になるなら観てみたいと思ってたんですよね。

そして第3段も作ってくれると信じてます。