夢食堂の料理人~1964東京オリンピック選手村物語~ 番組情報

2020年はいよいよオリンピックが日本で開催されますね。

そこにむけて国のオリンピック熱が高まってるのを感じます。

NHKの大河ドラマでもオリンピックがテーマになっていて、そのいだてんも第2章がスタートしてバトンが渡った阿部サダヲさんが話題になってますね。

オリンピックを日本に、という話が出てくるところ。

そしてこちらのドラマはそんな、1964年の東京オリンピック、それを支えた縁の下の力持ち、料理人のドラマになっているんですね。

オリンピック選手だけではなりたたず、それを影で支える人達の奮闘があるわけですね。

 

この記事では番組の放送日時やあらすじ、見どころ、キャストやおすすめの動画配信サービスの情報などをご紹介しています

 

『夢食堂の料理人』はU-NEXTで動画配信されています

 

 

NHKテレビ番組はU-NEXT(公式nhkオンデマンド)で無料視聴できます(放送後すぐに再放送動画配信で楽しめます)

 

ネットにはたしかに個人がアップロードした動画がありますがU-NEXTなら無料お試しキャンペーンで見放題だし、

ないものを探すよりU-NEXTに登録した方が早い時あります(自分に合わなければやめても費用は掛かりません)

NHKの作品は普通はあまり、VODでないのですが、U-NEXTは、NHKの公式パートナーのため、

放送後すぐにNHK作品が楽しめます。

単品で見てもいいし、基本的にNHKオンデマンドと同じシステムのため、

NHK作品がほとんど、ほとんどに見れます。

nhkが好きな方はドラマなども含む(大河、朝ドラその他沢山)見放題低額(U-NEXTのNHKオンデマンド)コースも毎月のポイント還元で見ることもできます

他局や映画、雑誌コミックなど多彩にあるため、お得感がります(雑誌は70冊以上読み放題です)NHK作品はU-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスで再放送されます

U-NEXTのNHKパックに入ると,毎月1200ポイントが付与され、実質毎月NHKオンデマンド作品が見放題無料になります。

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

【U-NEXTの無料お試しキャンペーン公式サイトはこちら!】

 

見逃し配信バナー

 

放映中最新ドラマ・映画・雑誌などが見れるVOD

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも600ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上以上配信しています!
※見放題作品90,000本、レンタル作50,000本(2019年1月末時点)

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能ですが、
ペアレンタルロック機能を使用して、非表示にすることも可能です。

雑誌も70冊以上読み放題で、電子書籍も充実しております

映画やドラマ、アニメの原作なども合わせて楽しめます。

 

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

【U-NEXTの無料お試しキャンペーン公式サイトはこちら!】

 

見逃し配信バナー

 

U-NEXTお勧め作品

 

邦画

 

洋画

 

国内ドラマ

 

韓流

 

バラエティー

 

>

 

初めてのオリンピックの裏側で

 

日本だけでなく、アジアで初めてのオリンピックだったという東京オリンピック。

その熱狂はすさまじいものだったと当時を知る人は語りますよね。

国中がひとつになって盛り上がっているような、誰もが夢中になる空気だったんだとか。

でもその裏には、未知の挑戦にかけまわった多くの人達がいてくれてこそだったわけですよね。

オリンピックのニュースでは選手村での食事なども取り上げられる事もありますが、その当時の日本ですからね。

今と違って、どこの国はどんな食文化という情報も手に入りにくい中どうやって選手達の栄養面を支えたのか。

並々ならぬ苦労があったようですね。

若者達の頑張り、面白そうなドラマですよね。

 

放送地域、放送時間

 

NHK総合
2019年7月23日(火曜日)午後19:30~

 

番組内容

 

1964年オリンピック選手村を舞台に、東京五輪を陰で支えた若者たちにスポットをあてたもうひとつのオリンピック物語。選手村食堂には、7000人の選手団のために日本中から300人の料理人が集められた。三郎(高良健吾)も秋田からやってきて、西洋料理のみならず見たこともない各国の料理や選手たちの注文と格闘。トラブルを乗り越えながら、選手たちへの真心こめたおもてなしに挑んでいく。

 

キャスト

 

高良健吾,松本穂香,宮舘涼太,渋谷謙人,小平大智,迫田孝也,岸井ゆきの,村松利史,黒田大輔,須藤理彩,徳光和夫,市川猿之助,
語り
小堺一機

 

料理人達の一大奮闘記

 

安全で栄養面もしっかりしていてなおかつおいしく食べてもらう。

スポーツ選手にとって食事の存在はとても大きいですよね。

それを支えなければならないとは相当なプレッシャーだったはず。

国をあげての一大イベントですし。

しかもそれが行ったことも、なんなら聞いたこともない外国から来た人達に提供する料理になる場合もあるなんて。

今でこそ和食ブームなんて世界から注目される日本食でも、当時は馴染みもない外国の方ばかりだったと思いますし。

7000人という人数の毎食分の料理、それも各国からの選手。

一体どうやってみたこともない各国の料理に挑んでいったのか。

工夫や知恵、料理人達の腕などが描かれているか気になりました。

 

挑戦と成長

 

かつてない日本の食の大規模イベントといえたでしょうね。

料理で金メダルを目指したチャレンジ、是非とも観てみたいです。

当時の300人もどんな気持ちでこのドラマを観てるかを想像するのも楽しそう。

選手団との交流や、そこで成長していく若者の姿が感動させてくれる気がしています。

オリンピック出場選手が後に、当時の選手村での料理の話を語ることもありますよね。

2020年のオリンピック、スポーツ観戦を楽しみながら、選手を支える人達に感謝の気持ちを持って応援したくなりますよね。

選手村の食事にもこれまでよりさらにメディアも注目してみせてくれるかもしれませんね。