塔の上のラプンツェル

今…映画”館”にイケない事態なので、レンタルとかネットで鑑賞する「感」動作品の味わい方もあるけどさぁ。

「TVで映画も、撮る日でエエかも」

気合・喜愛入ってルン…特に”金曜”ロードショーのラインナップって、ディズニー推しの中年には「金よ~」となるアスリート魂も感じるかさぁ。

「トォ~の上のRUN自分説!?」

まるで…雲の”上まで”跳んだ気分のディズニープリンセスが来るので、走って出会いたい心の説は「エエ間で」書けるのでしてねぇ。

「塔の上のラプンツェル」

コノ作品…前にも”語った”らしいけど、マイ・ディズニープリンセスBEST③になる「偏った」ファンともなるけれどさぁ。

「2番目違い、ニッと版地位がイイ!?」

一応…一番は”ベル”と言ってシマッタ自分に、密かに訂正したい「ベリー」ナイスなのはラプンツェルでもある言い訳魔法も皆に・書けておく・ぞぃ。

 

『塔の上のラプンツェル』はauスマートパスとU-NEXTで動画配信されています

 

 

auスマートパスプレミアムには30日間無料お試しがあります

 

 

auスマートパスの公式サイトは下記です

↓ ↓

 

auスマートパスの30日間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

エンタメ

 


 

U-NEXTの特徴

①放送後のドラマ作品が、テレビ放送後にすぐに見れるレンタルショップでdvdレンタルが始まる前に見ることができます)

 

②入会するだけで、31日間の無料お試しキャンペーンしている(入会日から31日間です)月をまたいでもOKです

 

③入会するだけで600ポイントもらえます(コミック原作や最新映画、映画館割り引きなどに使えます)

 

*31日後も毎月1200ポイントがもらえます

他局や映画、雑誌コミックなど多彩にあるため、お得感がります(雑誌は70冊以上読み放題です)

 

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの1ヶ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

配信期間は作品により異なるため、公式サイトにてご確認ください

 

最新ドラマ・アニメ・映画・雑誌などが見れるVOD

auスマートパスプレミアム

 

auスマートパスプレミアムはauだけでなくdocomoやSoftBank、UQ mobileなどでもご利用できます

見放題作品も多数配信中

最新のJ-POPから名曲まで聴き放題です

人気のファッション誌や週刊誌が読み放題です

ライブチケットの先行予約もできます

毎週月曜日は映画館で1100円で映画が楽しめます

ショッピングやクーポンなど日常で使えるおトクな特典が盛りだくさんです

 

auスマートパスの公式サイトは下記です

↓ ↓

 

auスマートパスの30日間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

エンタメ

 

auスマートパスプレミアム お奨め作品

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも600ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上以上配信しています!
※見放題作品90,000本、レンタル作50,000本(2019年1月末時点)

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能ですが、
ペアレンタルロック機能を使用して、非表示にすることも可能です。

雑誌も70冊以上読み放題で、電子書籍も充実しております

映画やドラマ、アニメの原作なども合わせて楽しめます。

 

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの1ヶ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

U-NEXTお勧め作品

国内ドラマ

 

邦画

 

洋画

 

韓流

 

アニメ

 

 

ゴーテルも…好きに”なって”欲しい、全てのキャストに「ニッチ」ファンにさせる声優さん達っす。

 

ラプンツェル(マンディ・ムーアさん/中川翔子さん/小此木麻里さん)

フリン・ライダー/ユージーン・フィッツハーバート(ザッカリー・リーヴァイさん/畠中洋さん)

ゴーテル(ドナ・マーフィーさん/剣幸さん)

パスカル(?)

マキシマス(?)

フックハンド(ブラッド・ギャレットさん/岡田誠さん)

ビッグノーズ(ジェフリー・タンバーさん/石原慎一さん)

ウラジミール(?)

ウルフ(IKKANさん)

ジョーティ(ポール・F・トプキンスさん/多田野曜平さん)

アッティラ(?)

トール(?)

スタビントン兄弟(ロン・パールマンさん/飯島肇さん)

警護隊長(M・C・ゲイニーさん/佐山陽規さん)

ウラッド(リチャード・キールさん/田中英樹さん)

花を置く少女(デラニー・ローズ・ステインさん/飯田汐音さん)

グレノ(根本泰彦さん)

店の悪漢(小西のりゆきさん・村上勧次郎さん・Kumaさん)

王妃(菅原さおりさん)

衛兵(落合佑介さん・遠藤純子さん)

踊る少年(宮崎亜友美さん)

スカーフの女性(さとう優衣さん)

パンを持った女性(鶴岡瑛梨さん)

 

ラプンツェル・メイ・シーン…あの”ランタン”が舞う幻想的な映像もあるけど、やはり全てが魅力溢れる「ランダム」な個性演出が好きっすね。

 

とは…永遠”言いまして”もの名シーンには、あの夜空に舞うランタンが有名なので「遠回し」にしないポイントではあるけどさぁ。

他にもトォ~。

「彼女の個性…かなりの恋い性能っす!?」

と言ってし舞うおじさん…特に”普通”の状況なら、優しきニセの母親演じる家族が居るとしても「不通」になってる世界への不安とか増すしさぁ。

「天真爛漫には慣れない!?」

あの生活では成れない…意味も”含め”ながら、彼女を知ってし・舞う・と明るく元気な性格が素質でもある憧れに「ひいき目」で推すプリンセスにもなるのでして。

カタカナで書いたメイって…決して”トトロ”のメイじゃない、極上のネタになってる気がする「大トロ」級の話と例えつつさぁ。

彼女が初めて塔を降りた瞬間から…愛するニセ母への”裏切る”行動が自分を苦しめ、数々の迷セリフも飛び出す「嬉し過ぎる」おじさんなのでねぇ。

「悩むメイシーン、マックス増す凛GO~!?」

推してる脳…軌跡で”会える”馬のマキシマスもイイねしてる、彼が好きなリンゴネタも「EYEルン」させるマックススピード迫力も・命シーンなるユージーン・男気と書いておくぞぃ。

(おじ的には…心入れ替えた名前のユージーンが好きなので)

 

森の奥で人目を避けた高い塔に…金色に”輝く”長い髪を持つ少女が、自身の生い立ちを知る「恋役」の男と出会ってしまいます。

 

誰も近づく事が無い…そんな塔の上で暮らすラプンツェルは、魔法の髪を持つ少女でもありました。

しかも。

生まれて18年間…一度も塔から出た事は無く、毎年自分の誕生日に舞う夜空の明かりに特別な感情を抱いていました。

そして…そんな日々に突然。

塔に忍び込んだ男・フリン・ライダー(畠中洋さん)に、驚きつつ捕まえたラプンツェルだったのですが…。

「外の世界を知りたい!?」

長年の夢を叶えるために…そして”特別”な感情にさせる灯を確かめる為に、人生初の塔を降りる冒険を「トキメキ」ながらも迷う彼女の冒険が始まるのでした。

 

意外塔~いや”意外トォ~”いい奴ばかりの悪人かもで、プリンセスだけに視線を向かせない「HIT・GUY等」もチェックしようねっと。

 

先ず…おじさんが”好き”なのは、酔っ払いおじいさんにもなってる「スゲー」クセあるHIT人でしてねぇ。

「ショーティって、SHOW体って!?」

体もハッテル芸かもで…エンディング”では”天使の姿が愛おしので、美しい姫になった姿に気を取られてはアカンと言える「ドア」開ける革命じ~さんだしさぁ。

「個々に夢がある…あっ苦認!?」

完全に悪人じゃない…ホントは”ピアノ”とかで世界にイイ音色響かせたい、純粋さが眩しいあっ苦認となる「秘あるの~」才能も見逃せないからさぁ。

「ラプンツェルに会い、ラブ・ツウ・エール愛に!?」

必ずなります増~となる”他にも”パントマイムが得意で無口な男も、ピンチの場面で活躍が「バント上手い務」なる走者を送れるイメージのバッターかもなんでねぇ。

「ココにも、姪場面推しが!?」

姪っ子推してたおじさん達…改めて”中年”のフリライターがノリノリになる、気分はマックスに乗ってる「注意ね~」となる見せ場多数の話でしたっと。

 

魅せるとは…記念ずべき”50作目”であるい意味と、永遠に語られる「GO純咲く目」のファンにさせる製作者達っすよ。

 

監督:バイロン・ハワードさん/ネイサン・グレノさん

脚本:ダン・フォーゲルマさん

制作:ロイ・コンリさん ベイマックスも担当された、アメリカの映画プロデューサーです。

製作総指揮:グレン・キーンさん/ジョン・ラセターさん

音楽:アラン・メンケンさん 舞台音楽とディズニー映画で知られており、名立たる賞を数々受賞された音楽家さんです。

編集:ティム・マーケンズさん

 

結構…悪役”女性”には人気が無いけど、ディズニー映画には欠かせない魅力が「上位勢」ある歌声には魅かれるっす。

 

最近…かなり”ラプンツェル~♪”と呼ぶ歌声って、気になり過ぎるニセ母親の「ラブ失せるん~」である存在のゴーテルだけどさぁ。

日本語バ~ンも…かなり”迫力”ある歌声なので、吹替え担当される剣美さんを調べますと「ハッと魅力」を感じてしまう実力派なのでしてねぇ。

…遅いデス、私ガ~ン。

「元・宝塚劇団月組トップスター」

普通に感動…更には”聞き逃し”てた気がするの指定~書く体。

他にも、美声なのにビビるぜ~にさせる「危機脳がシーン」となる、恐ろしいホントSHOWを把握してないファンも居るのではと感じましたので。

「ラプンツェル~♪」

呼んでる歌声…そして”居ない”と分かった瞬間からの、変貌ぶりの歌声も推してマック素になる毒リンゴ風の画も想像させる「イイね無い」悪の姿がイイねかもっすよ。

 

あの呪文の歌…歌って”みたい”けど、覚えてないので「滅多に」聴けないノーカット版で覚えるかも。

 

動画で聞け場~!?

とは、永遠で言わない…基本は”リアタイ”で覚えたいので、感動のシーンで覚えるのが「リタイヤ」させない己の傷を癒す方法だと思うんでねぇ。

「聴くを良い野生~で♪」

ふざけてスマン…だけど”野生の”本能で覚えるのも徳作かもの、おじ的には雰囲気覚えが似合ってる「野心脳」が駄目出しされる我が子の歌チェックが厳しそうな放送美と〆るぞぃ。