ボイス 110緊急指令室 番組情報

つい…最近。

「悲しい事件」

非常に気になる…イヤの事実がありますねぇ。

でも。

もしかしたら…必ず救える未来もあるハズと、信じたい親世代なおじさんですから。

「新たな試み!?」

人々安全…未来を繋ぐ”愛アイデア”は必要不可欠な現実と言えますよ。

そこでね。

我ら大人世代が応援したい…新たなる警察組織のドラマがさぁ。

「ボイス 110緊急指令室!」

なんと…110番通報を駆使して、最悪な事態を回避するコンセプトが頼もしい内容ですから。

「未来に現実化」

期待したい…内容を真剣に観ましょうよ。

 

この記事では番組の放送日時やあらすじ、見どころ、キャストやおすすめの動画配信サービスの情報などをご紹介しています

 

『ボイス 110緊急指令室』はhuluで動画配信されています

 

 

Huluは2週間無料お試しキャンペーンをしています

Huluは見放題で楽しめる動画配信サービスです

 

hulu公式は下記です

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

 

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

 

hulu

 

本作品の配信状況は、追記します

2019年7月現在の情報で、詳しくは上記公式サイトで確認ください

 

最新ドラマ・アニメ・映画・雑誌などが見れるVOD

hulu

 

huluは、二週間の無料お試しキャンペーンで有名で基本的に最新話も見放題月額933円です

Huluに掲載のコンテンツは何をどれだけ見ても月額933円(税抜)です。

追加課金や、超過課金は一切なしなのでお得です

お勧め理由

・日本テレビグループの安心企業
・登録金、解約金も不要。解約もWEBで簡単にできる。
・FOXチャンネル、ナショナルジオグラフィックチャンネル、BCCワールドニュース(英語、日本語)、
ジャイアンツLIVEストリーミングなど、オンデマンド配信以外にも、リアルタイムで楽しめるコンテンツも豊富。
・1つのアカウントで6つまでプロフィールを作成でき、家族みんなで楽しめる。

家族の間でもプライバシーが保たれるようにアカウントが分けられます

 

hulu公式は下記です

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

 

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

 

hulu

 

天才なる…泣き演技のニコラス・ケイジさんを超える日本人って、唐沢寿明さんと言いたいっよ。

 

「演技に浸透注目」

妻を殺されてしまう…凄腕刑事役の唐沢寿明さんを待ち遠しく思うおじさん。

「原作も!?」

兎に角でさぁ。

チェック入れますと…かなり難しく・厳しい事情の悲し過ぎる男の姿にね。

「泣いた」

もう日本で…この刑事を演じれるのは”唐沢寿明さん”しか居ないと確信してしまいましたよ。

「普通なら!?」

自分を置き換えるのは”非情な困難”と…頭に入れましてのぉ。

「ニコ・ラスト刑事」

笑顔になって欲しいと期待もしてる…ファン予想外なる、泣きの演技がスゴイ期待でしたっと。

 

ボイス 110緊急指令室 ドラマの放送地域、放送時間

 

日本テレビ系
2019年7月13日(土曜日)午後10:00~

 

連続殺人事を阻止するタイムリミット…クライシスタイムを”暗い明日”に変えない物語がスタートします。

 

妻を殺された…悲しき過去を持つ刑事・樋口彰吾(唐沢寿明さん)は、酒を飲んでは愛した妻を幻影に苦しんでいました。

そんなある日。

緊急指令室に、新たな組織が発足し、招集される樋口は拒みます。

それが。

「ECU!?」

そこには…被害者通報から”3分で現場到着・5分で確認・10分で検挙”と言う高いハードルが掲げられていたのです。

更に。

組織の室長を任せれているのは…樋口の妻が110番通報した相手である女性・橘ひかり(真木よう子さん)だったのです。

そして…不運にも”同じ犯人であろう男”に巡回中だった、ひかりの父親も殺されていたのです。

「もう悲しい事件は起こさない」

そう思いが重なるハズの2人でしたが…衝突も絶えない中で、事件は待ってくれない現実に葛藤の日々となるのでした。

遂には…彼女の能力”ボイスプロファイラー”が必要になる事実も。

まだ知る余地もないままに。

やはり断言したい…リメイクじゃない”新メイク”な役者さん達です。

 

樋口彰吾(唐沢寿明さん)

橘ひかり(真木よう子さん)

増田貴久さん、木村祐一さん、石橋菜津美さん、田村健太郎さん、安井順平さん、小市慢太郎さん、YOUさん、菊池桃子 ほか

 

引き続きで言いたい…リメイクじゃない”理想メイク”な新ドラマを作りだした製作者達っす。

 

原作:スタジオドラゴン&CJ ENM株式会社

脚本:浜田秀哉さん 絶対零度&医龍でも…抜群の緊張感を演出する脚本家さんですね。

音楽:ゲイリー芦屋さん あの聞き慣れたCM担当をしたのが、ゲイリー芦屋さんと皆に気づいて欲しいです。

チーフプロデューサー:池田健司さん

プロデューサー:尾上貴洋さん・後藤庸介さん

演出:大谷太郎さん・久保田充さん

 

真木よう子さんの、もしもなドラマが頭から離れないおじさん。

 

「チョイ前ドラマ」

もうさぁ。

「主演・出演多数!?」

魅力は多数で…他にも語りたいドラマは多い彼女ですけれど。

「かもしれない女優たち」

売れないのぉ女優目線からの…ひがみ&ゆがみ演技は、ズバヌケ可愛らしく見えてたおじさんっすからねぇ。

「どっか出る!?」

キリリとした内容かもの…ボイスなドラマで聞きたい”おとぼけ顔”もあると期待しつつの今ってねぇ。

「負けようこそ」

お笑いなシーンな無い…キラリ演技の完敗宣言も兼ねた〆としますぞぃ。

 

続々キャスト…ゾクゾクする事件をスッキリ解決して欲しいっす。

 

イケメンって…いつも”NEWS”になるんですねぇ。

そんなさぁ。

「増田貴久さん」

今回…ドラマでは”唐沢寿明さんと兄貴”と慕う刑事役となってますけれど。

「零~山口カズヤ役!?」

かなり真逆印象演技としつつ…正義なる怒り爆発シーンはあるのではと思うとさぁ。

「比べたい今」

黒髪だけじゃない…心の演技に耳も研ぎ澄ます準備をしてるおじさんでしたっと。