ニッポンノワールー刑事Yの反乱ーはhuluで動画配信中

出たぞ…模範委員な、秋ドラマ・タイトル解析意味でさぁ。

「ニッポンの悪~!?」

おじさん…一番に頭に浮かんだ”ノワール=の悪”で行く手はずの戦法でしたけれど。

「負け手必勝!?」

逆に感謝もあるかも知れない…カブルのワール度が多発する可能性もあったんでねぇ。

「練って惜しい、寝る寝る寝る昼寝」

増々迷宮入りしてる…観てみたいドラマがさぁ。

バレバレの…。

「ニッポンノワール」

現段階でも…オブラートに包まれた内容で先行するのは”閃光のキャスト”の紹介に、留まる思いな中年っすからねぇ。

「届かぬ想いなら思い切って感じよう」

色んなケースで検証して観る…犯人とはを解明するかも予定ですぞぃ。

あくまでも。

妄想予定は未定ですが…ドラマ全ては見て~ね。

 

この記事では番組の放送日時やあらすじ、見どころ、キャストやおすすめの動画配信サービスの情報などをご紹介しています

 

『ニッポンノワール』はhuluで動画配信されています

 

 

Huluは2週間無料お試しキャンペーンをしています

Huluは見放題で楽しめる動画配信サービスです

 

hulu公式は下記です

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

 

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

 

hulu

 

最新ドラマ・アニメ・映画などが見れるVOD

hulu

 

huluは、二週間の無料お試しキャンペーンで有名で基本的に最新話も見放題月額933円です

Huluに掲載のコンテンツは何をどれだけ見ても月額933円(税抜)です。

追加課金や、超過課金は一切なしなのでお得です

お勧め理由

・日本テレビグループの安心企業
・登録金、解約金も不要。解約もWEBで簡単にできる。
・FOXチャンネル、ナショナルジオグラフィックチャンネル、BCCワールドニュース(英語、日本語)、
ジャイアンツLIVEストリーミングなど、オンデマンド配信以外にも、リアルタイムで楽しめるコンテンツも豊富。
・1つのアカウントで6つまでプロフィールを作成でき、家族みんなで楽しめる。

家族の間でもプライバシーが保たれるようにアカウントが分けられます

 

hulu公式は下記です

 

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

 

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

 

hulu

 

3年A組景色な形式紹介で…ナレーションの開幕~の声が”どんだけ~”に聞こえる書く検討おじさん。

 

似てるけど別次元ドラマと…確定期待が膨らむ”ニッポンノワール”ではありますねぇ。

その出演者が続々紹介される動画でさぁ。

「IKKOさん声!?」

勝手に空耳アワー的な聞き方してる…ホントは第4段の動画で”夏帆さんを紹介してる声”ではありますけれど。

「謎の女性役で出演も!?」

無いとは断言出来ない気はする…アンストッパブル=阻止できない展開だと言えるからさぁ。

「重要人物かもデアール!?」

とにかく。

前振りは”3年A組風”で油断させる…残念Aクラス推理と視聴者を欺く展開でアールと言いたいのでねぇ。

「お笑い芸人さん悪役でのワール⤴」

ギリギリまで油断しない…放送最後までもトイレ油断しない”おじさんのあるあ~る”の詰め甘さと〆ますぞぃ。

 

放送地域、放送時間

 

日本テレビ系
2019年10月13日(日曜日)午後22:30~

 

殺人事件から始まってしまい…10億円の強奪容疑まで背負うかも知れない遊佐の変貌するが見ものっすね。

 
 

ドラマのスタートって…目が覚めた瞬間”女性刑事の死体”との出会いでショッキング映像と共にね。

「発狂するシーン!?」

主演・賀来賢人さん…イメージは大人の男であり”パーマヘアー”の印象は、イケメン強悲な痛な叫びとなりますからねぇ。

「人気もがっちりマンで~す⤴」

一瞬でも分かる…ドラマ解明で確信してるのは”イメージ一新の男の姿”と妄捜査は難航してるけれど。

でもね。

「サイキックス男な雰囲気も出る!?」

今日から俺はの前の顔…黒髪ヘアスタイルでの笑えるシーンって”記憶喪失前と後”でも出てしまう期待はしてるんでねぇ。

「僕じゃないよ~⤵」

犯人に仕立て上げられてしまう取調室で観てしまう…今日から俺は知らないコメントが”ギャグも盛り込める”余裕の展開としますと~。

「ココも刑事ドラマと呼べるのか!?」

色んな意味で型破り展開するかも知れない…油断大敵とは”賀来賢人さんの記憶喪失演技”に鍵があると予想する〆としますよ。

 

始まりから終わりまで…シビアな演技と油断させてる出演者達には”気を付けて観ようぞぃ。

   
 

游佐清治(賀来賢人さん)

碓氷薫(広末涼子さん)

才門要(井浦新さん)

南武修介(北村一輝さん)

深水咲良(夏帆さん)

 

映像に美と罠を仕掛けるのが天才で技術素敵の製作者達っす。

 
 

脚本:武藤将吾さん 記憶から消せない作品を生み出す、日本のヒットドラマには欠かせない脚本家さんです。

音楽:松本晃彦さん 踊る大捜査線で一躍才能を世に知らしめた、作曲家・編曲家・音楽プロデューサーの顔を持つ方です。

演出:猪股隆一さん

チーフプロデューサー:西憲彦さん

プロデューサー:福井雄太さん・柳内久仁子さん

 

妄想予想は止まらない…よそうとしても出てしまう”犯人とは”を地味に書く検討中おじさん。

 

そう言えば…サブタイトルらしきものでさぁ。

「刑事Yの反乱⤴」

意味深導線…分かりやすそうな”Yとは”を書くとさぁ。

「YUSA KIYOHARU!?」

でも、これって。

普通過ぎるイニシャルなんで…ドラマの流れは”ヨメ輝の勘違い”をしそうですぞぃ。

なのでさぁ。

「SAYMONKANAME!?」

普通のローマ字転換しない読み方とかですと…絡むYの可能性が浮上もして来ますからねぇ。

色んな意味でYが一人では無いと想像しますと~。

「YY強大!?」

やる気やる気は強大になる…あの”YY兄弟テンション”で盛り上がるじゃありませんか~⤴。

…そんな訳でして。

サブタイトルにもトラップがある妄想で…やる気満々の視聴者になってる”おじさんの腹乱”で腹筋〆ますぞぃ。

 

もしかしたら…自ら記憶喪失を選んだ波乱の物語かもっす。

 
 

最後に一言。

「自爆で暴く悪!?」

自らも悪である主人公…記憶を消すことで”自らの呪縛を解く”為のスタートとしたらさぁ。

「怖イイ⤴」

ラストも壮絶かもと感じる…独り言なる真実とはの衝撃妄想し~んの、我が部屋でしたっと。