ドロヘドロ 番組情報

つくづくく思う…突く図通と思わす志向への異世界ってさぁ。

「アッ二面世界!?」

今暮らす世界と…もう一つ世界に住まいする”スマイル”な世界ばかりじゃないよねぇ。

例えばさぁ。

「荷面世界!?」

体は自分らしいが…顔が違う”重荷になるトカゲ”でして、記憶・と・か・原因不明で無いとか重なるとさぁ。

「苦労呼っ子大類!?」

…クロコダイル。

苦労が絶えない…いや”苦労を耐えない”と生き抜けない、過酷な異世界だと自分を想定っ子にしてるんですぞぃ。

そんな…正式には”カイマン顔”持つアリゲーター科らしい、異世界マンの主人公となるんでねぇ。

「ドロヘドロは、踊る度論!?」

タイトル込みで説明する…もう心”躍るへ度”が高すぎるアニメとして語って観るぞぃ。

…ゴロがイマイチ苦しい期待”度論HEAD労”なので。

ぜひ、許して欲しい新世・界漫・画のオチで完弁を。

 

この記事ではドロヘドロの放送日時や見どころ、出演者やアニメが見れるおすすめの動画配信サービスの情報などをご紹介しています

 

U-NEXTは1ヶ月の無料お試しキャンペーンをしています

 

U-NEXT公式サイトは下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

 

アニメが見れるU-NEXTの1ヶ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

見逃し配信バナー

 

本作品の配信状況は、追記します

2020年1月現在の情報で、詳しくは上記公式サイトで確認ください

 

放映中最新ドラマ・映画・雑誌などが見れるVOD

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも6000ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXT公式サイトは下記です

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

 

アニメが見れるU-NEXTの1ヶ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

見逃し配信バナー

 

U-NEXTお勧め作品

 

アニメ

 

国内ドラマ

 

邦画

 

洋画

 

韓流

 

 

独特の世界感と語る…ドロヘドロには”毒徳なキャラ仕上げ”に魅かれる意味も含みますゾッと。

 

とは…言うもの”もののけ悲鳴”でさぁ。

「無理っぽ画封⤵」

観る前に封印されそうな気配も感じる…第一印象には”いいえだもん同士”での、エグイ戦いも出てるからさぁ。

「えぇ悔い!?」

初見で降参…こんな困難にはなって欲しくは無い”こんなん出ましたど~”と、裏無い視線で推したいからさぁ。

「初見よりも見本SHOW兼で⤴」

…食の研究されてる企業風。

と、説明したい”どうか動画”での、革良いらしい”カワイイカイマン”の仕草&画グッドさを知りましょうぞぃ。

因みに…見本食兼にした意味って。

「食テーマ快間!?」

重要な意が・ある…と嗅げれば正解マン⤵。

 

放送地域、放送時間

 

TOKYO MX他
2020年1月12日(日曜日)24:00~

 

説明するよりも…感じる方が推し進める”FOR素”なる力で、己とおのれーの敵を見極めようゾッと。

 
 

「フォ~素の書く命!?」

と、潜在意識への導きで”未知悲喜”の世界を説明してるおじさんってさぁ。

「立ち止まる世界カ~ン♪」

鐘が鳴る行き止まり感…何処まで進んだか分からない”敵&味方”だけの、素出来な観方になる事があるけれど。

「粋度間凛!?」

立ち止まってシマッタじゃない…行き止まりで魅せる”混沌の戦いの瞬間”って、進んでしまう「今度の戦いの旬完」には感じれない緊張感だからさぁ。

「録画じゃない記録我で⤴」

立ち止まってる意味…素通りしたくないストーリーの大筋は”随時”調べる姿勢での、神髄時間な戦いの場が「FOR素」でもアリの世界と〆ますよっと。

 

ゲテモノでは無く…彼らを”芸通体者”とファンにさせる、決定モノの作品に超えを吹き込む声優じ~んっす。

   
 

カイマン(高木渉さん)

ニカイドウ(近藤玲奈さん)

煙(堀内賢雄さん)

心(細谷佳正さん)

能井(小林ゆうさん)

藤田(高梨謙吾さん)

恵比寿(富田由憂さん)

バウクス(江川央生さん)

カスカベ(市来光弘さん)

キクラゲ(鵜殿麻由さん)

栗鼠(ソンドさん)

丹波(稲田徹さん)

ターキー(三木眞一郎さん)

アス(郷田ほづみさん)

鳥太(勝杏里さん)
 
 
     

声優…声もいいけれど”コエーもイイ値”にした深価値を、今度はアニメ・と陰・ながら「銜えた」製作者達っす。

 
 

原作:林田球さん「ドロヘドロ」

監督:林祐一郎さん

シリーズ構成:瀬古浩司さん

キャラクターデザイン:岸友洋さん

世界観設計・美術監督:木村真二さん

画面設計:淡輪雄介さん

色彩設計:鷲田知子さん

3DCGディレクター:野木郁紀さん

撮影監督:朴正圭さん

編集:吉武将人さん

音響監督:藤田亜紀子さん

 

あの声…毎週利いてる”名談で講談”したい、コナンの話で限定だ訓っす。

 

「限定だで、元太君⤴」 

当然の推しネタになる…カイマン=高木渉さんが主人公ですからねぇ。

「甲斐ある漫画!?」

略して…カイマン⤵。

と、寒いネタも書きつつ”毎週利く声”になるので「My旬聞く声」である、我が家の元太君声ですからねぇ。

なので。

「2度追い私!?」

2度美味しい声…声質変化よりも”濃い強い”キャラを比べたい、恋しい声の持ち主で「アリ芸達者」な憧れ話でしたっと。

 

カワイイ食事風景…そして”素敵な開く人”なる、悪任な敵も凄そうデスぞぃ。

  
 

「ドアの無効化~出来ない開く人!?」

そんな…理不尽な扱いを魔法使いから受けてる、人間ガーンと”実験大”にさせられたカイマンではあるけれど。

「戦闘シーンと食じ~んシーン⤴」

同じトカゲとは思えぬ雰囲気でして…己の取り戻し”体と言える”記憶を求める姿のギャップが良さげなんでねぇ⤴。

「素敵な開く敵と共に!?」

見どころ…買い満載なる”ニカイドウ”との、コンビ愛も気になる「2回どうぞ」で挑んで欲しい原作&アニメの推しで〆ますぞぃ。

…デスは。

故意なる…盛れなく”し~ん”となる心を突いてます。
 
多分。