コクリコ坂から

今…上を向いて歩こうと”言いたくなる”世界って、決してマイナス思考スタートじゃない「イイ沢山ある」幸せを知る為のエールだしさぁ。。

「1963年の日本に輪!?」

当時の日本には…オリンピック”目前”とした希望溢れた時代背景を感じるし、2021年こそで一致団結すべき「目標全」力の今こそ~⤴。

「個々リンクさぁ~!?」

…言いたい凛クゥ~でもある⤴。

負けない気持ち…頂ける”映画”紹介したくて、真のタイトルを言うと世界が認める「エエ画」で話題のジブリ作品だからねぇ。

「コクリコ坂から⤴」

更に輪~…劇中歌で”親しみ”あると感じる坂本九さんが歌う上を向いて歩こうなら、すんなりと懐かしい世界が経験アリでオジ「知った地味」なる過去も嬉しい告白になるからさぁ⤴。

「当時・ブリキ看板に…問う・自分カムバック二ッと!?」

1963年…生まれては”無いけど”オジ田舎には残る風景としても嬉しい、他にも洗濯機の脱水方法が「参るけど」記憶にある回すタイプも確認して欲しい令和世代と伝えるよっと。

 

映画を見るならU-NEXTとauスマートパスがおすすめです

 


U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの1ヶ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

配信期間は作品により異なるため、公式サイトにてご確認ください

 


 

auスマートパスプレミアムには30日間無料お試しがあります

 

auスマートパスの公式サイトは下記です

↓ ↓

 

auスマートパスの30日間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

エンタメ

 

配信期間は作品により異なるため、公式サイトにてご確認ください

 

最新ドラマ・アニメ・映画・雑誌などが見れるVOD

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも600ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上以上配信しています!
※見放題作品90,000本、レンタル作50,000本(2019年1月末時点)

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能ですが、
ペアレンタルロック機能を使用して、非表示にすることも可能です。

雑誌も70冊以上読み放題で、電子書籍も充実しております

映画やドラマ、アニメの原作なども合わせて楽しめます。

 

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの1ヶ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

U-NEXTお勧め作品

国内ドラマ

 

邦画

 

洋画

 

韓流

 

アニメ

 

 

auスマートパスプレミアム

 

auスマートパスプレミアムはauだけでなくdocomoやSoftBank、UQ mobileなどでもご利用できます

見放題作品も多数配信中

最新のJ-POPから名曲まで聴き放題です

人気のファッション誌や週刊誌が読み放題です

ライブチケットの先行予約もできます

毎週月曜日は映画館で1100円で映画が楽しめます

ショッピングやクーポンなど日常で使えるおトクな特典が盛りだくさんです

 

auスマートパスの公式サイトは下記です

↓ ↓

 

auスマートパスの30日間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

エンタメ

 

auスマートパスプレミアム お奨め作品

 

 

素顔も観たい俳優さん…声のみ”出演”となるアニメでも、上を向いて耳を澄ませば「終始縁」を感じてしまう方達です。

 

松崎海(長澤まさみさん)

風間俊(岡田准一さん)

松崎花(竹下景子さん)

北斗美樹(石田ゆり子さん)

広小路幸子(柊瑠美さん)

松崎良子(風吹ジュンさん)

小野寺善雄(内藤剛志さん)

水沼史郎(風間俊介さん)

風間明雄(大森南朋さん)

徳丸理事長(香川照之さん)

 

宮崎駿さんとは違う世界…特に”ゲド戦記”で心が震えたストーリーなので、今まで知るジブリ作品と別なる感覚で「GET選気」として欲しいぞぃ。

 

「推し前作…オジ善作!?」

となるけど…正直かなり失礼な”勘違い”で見始めたゲド戦記には、父である・宮崎駿さんが監督してはいない事実を己が「感知外」して素で感動してましてねぇ。

「いつもと違うけど鮮喜…いつもの恥が得~ゲド戦記!?」

うっかり・恥ベ~・素脳だけどさぁ。

つい思い込み”イイ見続けた”姿勢が、逆に感動増してるラストって…。

新たなジブリ作品となる魅せ方と予感しつつ「出光見つけた」アポロマークみたいに感じた、マジ現代に粋ルンの神話世界を感じたからねぇ。

「先ず観よう…増す美よ~!?」

前回も…声優担当”してる”岡田准一さんを聴き・効きながら、宮崎駿さんが描く美しい映像との違いを語り「私照れる」称賛の嵐になる妄想で〆るよっと。

 

海の見える丘から…亡き父に捧げた旗の”合図”は、新たな出会いの”愛図”になる物語が始まります。

 

時は…1963年。

ある夏の横浜では…女子高生・松崎海(長澤まさみさん)が、留学中の母・良子(風吹ジュンさん)の代わりにコクリコ壮を切り盛りしていました。

そして彼女は、毎日庭に旗を上げて亡き父を偲んでいたのですが…。

偶然にも…学級新聞で海の詩が掲載され胸をときめかしていました。

そんなある日。

老朽化で取り壊されると論議される男子部室棟”カルチェラタン”を、反対派である風間俊(岡田准一さん)と協力し2人は魅かれ合う中となるのですが…。

「兄弟かもしれない!?」

こうして…予期せぬ辞退で戸惑いながらも、いずれ知る旗の合図が愛図になると信じる2人の物語が始まるのでした。

 

学生達の団結力…令和には”無いかも”と気づける姿で、大人も学べる「ナイス化も」貰える雄姿っすよ。

 

当然…時代は”今とは”違う社会情勢だし、個人的だけど当時のニュースで気になるのは日清焼きそばが発売された「イイ待とう」の代名詞インスタントラーメンネタでしてねぇ。

「知らない過去…試練無い格好!?」

自由に生きてるオジだけど…何故か”彼らの”方が生き生きとしてるし~、元気ハツラオロナミンC~もほぼ同時期に生まれた「クゥ~我ら」の相棒となるとさぁ。

「オッ老な身にし~!?」

学ぼう当時の活気となる…多少”強引”なナイス化~ネタでも、元気貰えるモノがこの時代に生まれた幸せオチが「GO~イイ」とさせて頂くっすよ⤴。

 

不便な時代こそ…今観れば”普遍”的幸せ感じる作品は、主人公達の希望に満ちた人生が真の「富編」と言いたくなる製作者達っす。

 

原作:高橋千鶴さん・佐山哲郎さん

監督:宮崎吾郎さん 宮崎駿さんの長男であり、自ら監督・脚本を手掛けた「ゲド戦記」で独自の世界感で有名になった方ですね。

脚本:宮崎駿さん・丹羽圭子さん

制作:宮崎駿さん・鈴木敏夫さん

音楽:武部聡志さん 作曲家・編曲家・音楽プロデューサー・音楽監督でもあり、音楽ユニット”kokua”のメンバーとしても有名な方です。

主題歌:「さよならの夏~コクリコ坂から~」 手嶌葵さん 

キャラクターデザイン:近藤勝也さん

撮影監督:奥井敦さん

音響演出・整音:笠松広司さん

アフレコ演出:木村絵里子さん

 

今…半沢直樹”関連”が人気爆発なので、キーマンである理事長演じる香川照之さんに勝手にライバル私~して「観念」したい・演技量クゥ~・っすよ。

 
 

「カマキリ先生…極めキリッ先生!?」

着ぐるみ姿でもイケメンになる…香川照之さん”には”勝てる訳無いし、どう頑張ってコスプレしても”庭”に居るマジカマキリにしか成れないおじさんだしさぁ。

「半沢ライバル…ファンざわざわルンバ流!?」

ライバルへのしつこさ…まるで”お掃除”ロボみたいに正確な狙いで、半沢直樹追い込む手段でざわつく人気が「推そう字」に力がHIGHルンのファンだからねぇ⤴。

「声優さん活躍…勢言うさぁ~且つ役!?」

もう一度言う…今回”理事長”の声で出演される、香川照之さんと知らないと聞き間違えそうな「臨時聴」覚試すべきの声を知って欲しいネタで〆るぞぃ。

 

憧れる恋…もう一度”戻れる”青春なら、コクリコ坂からみたいに・純で順・ある「モット~恋ルン」の生き方が目標かも⤴。

 

勿論…絶対に”不可能”なる青春カムバックなので、次世代の恋が参考にして欲しい「富可能」の純愛だしさぁ。

注意しないとアカンオジ世代って⤵。

「メロドラマみたい…メロメロドラマ身耐え!?」

行き過ぎた経験だと…メロドラマ”キーワード”が加速してしまい、耐えないトォ~大人好み・メロメロドラマ・みたいな「嫌われワード」言いそうな自分が居るからねぇ⤵。

「濃く利口さぁ~下⤵」

気を付けて純愛憧れよ~トォ~…恋・濃い経験”が邪魔”する今のおじさんには、コクリコ坂を下ネタ以外のオチで「パジャマ」姿で考えても出ない・私もぅ~寝た・で〆る夜でスマン⤵。