ドラマ×マンガ「あとかたの街」はU-NEXTで動画配信

漫画&ドラマ…シリーズ”人気”は続くみたいでして、今年も日本人なら考えたい内容で我々「任期」は永遠なる戦争のテーマでしてねぇ。

「あとかたの街!」

戦争…もう”過去の話”となりそうだけど、実は実話で語るべき使命が山積みにもなる心が「下降の話」にさせる現実だしさぁ。

「漫画でも…観ん我でもぅ~!?」

読めてない気がする…だけど”ドラマ”×漫画のストーリーなら、経験してない戦争体験でも理解し説明が出来る「THE例マン」で語れそうなんでねぇ。

「12歳の少女が見た戦争とは永遠!?」

この夏…新たなる”特別”な意味として、忘れてはならない永遠なる真実を「解くべき」柔軟性ある思考でドラマ×マンガを知ろうよっと。

 

『あとかたの街~12歳の少女が見た戦争~』はU-NEXTで見れます

 

 

 

あとかたの街などのNHKのテレビ番組はU-NEXT(公式nhkオンデマンド)で無料視聴できます(放送後すぐに再放送動画配信で楽しめます)

 

ネットにはたしかに個人がアップロードした動画がありますがU-NEXTなら無料お試しキャンペーンで見放題だし、

ないものを探すよりU-NEXTに登録した方が早い時あります(自分に合わなければやめても費用は掛かりません)

NHKの作品は普通はあまり、VODでないのですが、U-NEXTは、NHKの公式パートナーのため、

放送後すぐにNHK作品が楽しめます。

単品で見てもいいし、基本的にNHKオンデマンドと同じシステムのため、

NHK作品がほとんど、ほとんどに見れます。

nhkが好きな方はドラマなども含む(大河、朝ドラその他沢山)見放題低額(U-NEXTのNHKオンデマンド)コースも毎月のポイント還元で見ることもできます

他局や映画、雑誌コミックなど多彩にあるため、お得感がります(雑誌は70冊以上読み放題です)NHK作品はU-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスで再放送されます

U-NEXTのNHKパックに入ると,毎月1200ポイントが付与され、実質毎月NHKオンデマンド作品が見放題無料になります。

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

 

NHKの番組が見れるU-NEXTの1ヶ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

放映中最新ドラマ・映画・雑誌などが見れるVOD

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも600ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上以上配信しています!
※見放題作品90,000本、レンタル作50,000本(2019年1月末時点)

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能ですが、
ペアレンタルロック機能を使用して、非表示にすることも可能です。

雑誌も70冊以上読み放題で、電子書籍も充実しております

映画やドラマ、アニメの原作なども合わせて楽しめます。

 

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

 

NHKの番組が見れるU-NEXTの1ヶ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

U-NEXTお勧め作品

国内ドラマ

 

邦画

 

洋画

 

韓流

 

アニメ

 

 

前回ドラマ…凍りの”掌”シベリア抑留記をドラマ×マンガで観たので、今回も伝わりやすい事実でオジ「知能開」く期待っす。

 

今回も…去年”放送”されたドラマと同じクゥ~、漫画家・おざわゆきさん演じるのは木村多江さんなので「奔走」した主人公の姿を覚えてるしさぁ。

「漫画とコラボ…漫画永久恋うLOVE!?」

非常に見慣れた漫画の表現には…ドラマとコラボ”した”事で新世界が広がるし、おざわゆきさんの画風で今でも去らない痛々しさも「知った」発見があったからねぇ。

「知る度に…知る旅に!」

ぜひ旅ともいえる過去の歴史を…マンガが魅せる”表現”には、役者では難しい事実と「費用減」じゃない真実を感じて欲しい推しの話とするぞぃ。

 

放送地域、放送時間

 

NHKBSプレミアム
2020年8月14日(金曜日)午後21:59~

 

12歳の少女…令和と重ねる”感情”なら、更に泣けるけど希望も出そうで「近所」の揉め事が忘れる事もあるかもっす。

 

今回…原作”読んで”感じたのは、今までの戦争体験の実例とは違い作風の優しさが「余韻で」残る雰囲気だしさぁ。

「女子目線…上昇目線!?」

かなり厳しい展開だけど…主人公である”12歳”の女子には、純粋さもあり希望を抱いて欲しい未来が「自由に彩」あると信じれるからねぇ⤴。

「ご近所付き合いにもぅ~…GO金常付き愛にも!?」

主人公が生きた時代知るトォ~…些細な”悩み”となってしまう、平和な時代に感謝すべき「脳闇」消えるかものネタで頑張る主夫・主婦等を応援するよっと。

マンガ家の世界…決して”遠い”存在じゃなく、悩みつつ仕上げた作品には皆に「問う多い」内容で身近になる役者さん達っす。

マンガ家・おざわゆき(木村多江さん)

編集者・佐藤(桐山漣さん)

母・あい(吉行和子さん)

 

なんと…吉行和子さんが”サザエさん”とか出てるし~、おかあさんといっしょでも語りがあった「THE冴えさぁ⤴」のネタが貴重かも。

 

つい…最近の”演技”とかで語り隊の流れは、誰でも予想するので変えてみたいオジ「縁キ」タ~となる話がさぁ⤴。

「磯野フネ…良いぞ夫ねぇ⤴」

1992年…サザエさんで”フネ”さん演じてるし~、過去のおかあさんといっしょでは語りをされてた「富ねぇ⤴」映像は発見は無理だったけどねぇ。

「嬉しいハッ件!?」

…発見でも可⤴。

他にも…ダウンタウンさん名作ドラマ⤴。

ラブラブファイヤーで”岸田”今日子さんと熱演してた、シーンを思い出してキタ~「吉だ」今日のネタとなる〆で喜ぶぞぃ⤴。

 

まとめで語る…日本漫画家”協会賞”大賞受賞した記事で、更なる観たい我になり「今日開始よ~」泣く準備っす。

 

ココでは…KCコミック”プラス”に掲載されて記事を読んで増して~、作者の想いが多いに伝わり「僕ら素」になれる戦争当時の風景となるしさぁ。

「迫力ある…ハッ苦魅力ある!?」

夢とか叶わない相手…色んな意味で”迫力”アリのシーンの工夫話が、説明されると分かりやすい作者の「発揮力」も感じれるからねぇ⤴。

「ドラマで泣恋う!?」

泣く×恋う…新たな”言葉”でも推して観たい、ドラマ×マンガに対抗してるけどオジ「好投場」とは行かない作品の深みに負けてる夫カミカミが多い自虐ネタで〆るっすよ。